体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC Oneの後継機種は3月下旬に発売予定、HTC Oneよりも大きなディスプレイを搭載し、リアカメラはツインセンサー式らしい

HTCが「HTC One」の後継機種を今年3月下旬に発売することを計画していると、BloombergがHTCの計画に精通している人物からの情報として報じました。Bloombergの報道によると、HTC Oneの後継機種はHTC Oneよりも大きなディスプレイとリアカメラ用に2つのイメージセンサーを搭載したところを特徴としているそうです。ディスプレイサイズは最低でも5インチとされています。また、後継機種にもHTC Oneのネーミングが採用され、Qualcommの最新Snapdragonチップが組み込まれているとも伝えています。3月の発売やディスプレイサイズの拡大、Snapdragon最新モデルの採用は以前より伝えられていることなのですが、リアカメラがツインセンサー式であることは初耳です。ツインセンサーというと、3D撮影を連想しますが、Bloombergの情報元は、ツインセンサーはUltraPixelカメラの改良型で、2つのセンサーによってより良いピント調節、被写界深度、画質を提供すると述べたそうですが、3D撮影のことには触れていません。ツインセンサーというと、東芝が最近500万画素の撮像素子を2つ搭載したスマートフォン・タブレット向けカメラモジュールを発表しました。東芝のカメラモジュールも3D撮影のために2つの撮像素子を組み込んだのではなく、ピント調節を後から行えるようにしたり、ぼかしを入れたりするためです。HTC Oneの後継機種では、東芝のカメラモジュールを採用しているのでしょうか?Source : Bloomberg



(juggly.cn)記事関連リンク
画像縮小 : スマートフォンの写真をVGAやHDなどの小さなサイズに縮小するのに最適なAndroidアプリ
Moto GデュアルSIM版が香港で正式発表
MotorolaがMoto X木製バックカバーのバリエーション追加を発表、オプション価格も$25に値下げ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。