体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』の久住昌之「原作者のマンガ絵展」が1/22(水)まで!高円寺「ぽたかふぇ。」レビュー

久住昌之展 ぽたかふぇ。

『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』などの原作で知られる久住昌之氏が、高円寺のアートカフェで展示を行っているとのことで、実際に見に行ってみました。
今回お邪魔したのは高円寺にあるアートカフェ「ぽたかふぇ。」。

ぽたかふぇ。

こちらは、高円寺北口を出て左手、マクドナルドの先にある「高円寺中通り」をまっすぐ行ったセブンイレブンの向かいにあるお店。

ぽたかふぇ。

店名の由来となった「ポタリー」とは陶芸の一過程である「陶器の絵付け」の事を指すそうで、実際に「陶器の絵付け」を中心としたワークショップなども行っています。
この陶芸関連の展示や活動を通して、漫画家さん、イラストレーターさんなど多数のクリエイターさんと知り合うことができたのだとか。
なるほど店の入り口には色々な方のサインも見られます。

サイン サイン

店内はシックで落ち着きのある内装。誰かの家にお招きされたような安心感もあるインテリアです。

ぽたかふぇ。店内

久住さんの作品は切り絵や油絵(風のアクリルガッシュによる作品)などが中心。

『孤独のグルメ』のあの名シーンや、『花のズボラ飯』、名作『ダンドリくん』『かっこいいスキヤキ』の一コマ、さらには実写ドラマ化された際の井之頭五郎役・松重豊さんやタモリさん、マイケルジャクソンなどの有名人の似顔絵など、かなり見ごたえのある内容となっています。

久住昌之さん展示 久住昌之さん展示 久住昌之さん展示 久住昌之さん展示
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。