ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが「スマートコンタクトレンズ」の開発プロジェクトを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは1月16日、「スマートコンタクトレンズ」と呼ばれるコンタクトレンズ型デバイスの開発プロジェクトの存在を発表しました。Googleの発表した「スマートコンタクトレンズ」はメガネ型デバイス「Google Glass」とは全然違う用途の製品で、糖尿病を患っている方が自身のグルコース(ブドウ糖)値を容易に確認できる新たな方法にすべく開発されています。糖尿病の検査の一つは血液中のグルコース値を調べることですが、近年では体液からそれを測定する手法の研究が進められており、その中でも人の涙から計測することに関心が寄せられています。Googleのスマートコンタクトレンズは人の涙からグルコース値を測定するために開発されています。スマートコンタクトレンズの構造は、ソフトコンタクトレンズに超小型の無線チップとグルコースセンサーを埋め込んだもので、これで人の涙に含まれるグルコース値が測定できるそうです。試作機では1秒に1回グルコース値を測定することができるとされています。Googleはスマートコンタクトレンズの開発プロジェクトについて、現在は初期の段階としており、今後はFDAとの協議や専門家をパートナーに迎えるなど、外部関係組織と連携しながら実用化を目指すとしています。また、今後は着用者や医師がグルコース値を手元で確認できるアプリの開発も計画しているそうです。Source : Google Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
海外版Xperiaのアプリ起動履歴画面に「全アプリ終了」ボタンを追加する方法
ASUS Japanが「SIMカードお試しキャンペーン」を開始、対象のSIMフリータブレットを購入するSIMカードがもらえる
Motorola、Moto G用アクセサリー「Grip Shell」を米国で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP