ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】本場の大分名物「とり天」がトースターで!? サクッフワッぷりっぷりの揚げたて食感がたまらない!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

縺ィ繧雁、ゥ_02
今回のお取り寄せは大分名物「とり天」。「とり天」は、昭和30年代に大分市内の食堂で誕生したと言われる郷土料理。カラッとしながらもフワッとした衣をまとった鶏肉を、ポン酢や酢醤油につけて食します。カラシをつけるのも一般的。大分では、大衆食堂からレストラン、居酒屋、カフェや喫茶店のメニューとしても根強い人気。大分県人にとっては、それだけ身近な料理なのです。一見するとから揚げや竜田揚げのようにも見えますが、大分県人からすると「とり天」と「から揚げ」は別物。そんな大分県人を長年虜にしている本場のとり天を味わいたい!
縺ィ繧雁、ゥ_01
今回は「とり天 なつま屋」の『とり天6袋セット』を取り寄せてみました。6袋で合計1.2kgと大家族でも食べ応え十分!
丁寧に手造りした作りたての「とり天」を、簡単調理で食べられるように瞬間冷凍保存し、届けてくれます。
縺ィ繧雁、ゥ_04
調理法は凍ったまま袋から出し、オーブントースター(160℃)で12分~15分温めるだけでOK。簡単にカリッ、フワッ食感に仕上がります。コツいらずで本場のとり天が出来上がるのが素敵!

縺ィ繧雁、ゥ_03
ふんわりとした衣の中には、ジューシーな鶏肉がたっぷり。ビールのお供に、ご飯やお弁当のおかずにもピッタリです。付属のポン酢・辛子をお好みで付けて、大分流にいただきます。ちなみに、こちらのとり天6袋セットは、現在配送料無料サービスなのも嬉しい。

食べてみた感想は?

・冷凍と聞いても信じられない。揚げたての天ぷらと勘違いしてしまいます。ぷりっぷりの鶏肉が食べごたえ十分。メインのおかずでも遜色なしの一品。

・サクッとした衣で中はとってもジューシー! 冷凍なのに、出来立てのような食感で驚きです。ポン酢ともよくあってほのかな酸味がよかったです。

・唐揚げ大好き野郎です。いろんな鶏の揚げ物食べてます。とり天うんまい!! 衣がサクッサクの鶏の天ぷらもたまりません!そこにポン酢かけて食べたらご飯何杯でもいけちゃう。

・1つ1つがボリュームがありジューシー。衣もサックリなのにふわっとしていて冷凍とは思えません。オーブントースター調理の手軽さも嬉しい。冷凍庫に常備しておけば、好きなときに本格とり天が味わえてしまうので良い意味で危険。

・プリプリした肉は肉汁をたっぷりと含んでおり、衣のサクサク感も非常に素晴らしかったです。冷凍食品と知らずに食べて、「普通に美味しいとり天」といった印象だったが、冷食でこのおいしさは非常に画期的だと思いました。

【とり天6袋セット[冷凍](ミニポン酢・ミニ辛子付)】
内容量:1袋200g×6袋 ミニポン酢・ミニ辛子付
価格:3,150円(税込)
※価格は時期によって変わることがあります。

「とり天 なつま屋」商品ページ 
http://www.natsumaya.net/?pid=33844247

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。