ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士フィルム、スマートフォンの写真をチェキプリントできる小型プリンタ「スマホ de チェキ(instax SHARE SP-1)」を2月15日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

富士フィルムは1月15日、スマートフォンの写真をその場でチェキプリントできる小型プリンタ「スマホ de チェキ instax SHARE SP-1」を発表しました。発売予定日は2月15日。価格はオープン(実勢売価は19,800円)です。スマホ de チェキは、スマートフォンにインストールした専用アプリからWi-Fi経由でカードサイズのプリント用紙‟チェキフィルム”にプリントできる小型プリンタです。プリントを開始し、本体から写真が出てくるまでに約16秒。リプリントボタンから簡単に複数枚プリントすることもできます。使用する用紙は「インスタントカラーフィルム instax mini」です。用紙サイズは86×54mm、画面サイズは62×46mm、解像度は640×480ピクセル。プリンタ本体のサイズは101.6 × 42 × 122.5mm、質量は253g。無線LANはIEEE802.11b/gに対応。駆動方式はリチウム電池CR2×2で、100枚の印刷が可能です。専用アプリでは用途に応じて大きく4種類のテンプレートを選ぶことができます。「リアルタイムテンプレート」では、撮影場所や撮影時刻、天気、温度、湿度を一緒にプリントすることができます。「リミテッドテンプレート」では、チェキプリントに通し番号を印字して限定感のある内容に仕上げます。「SNSテンプレート」はSNSに投稿した画像用で、‟いいね”の数を一緒にプリントすることもできます。「スクエアテンプレート」はスクエアサイズに加工された画像に合うテンプレートで、余白にその時の気持ちやメッセージなどのテキストを書き込めます。Source : 富士フィルム



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「AQUOS PHONE SERIE SHL22」のソフトウェアアップデートを配信開始、カメラ終了時に再起動する問題に対処
Huaweiも64bit対応のスマートフォン向けSoCの開発を計画
Xperia Z1が韓国KTより発売、SmartWatch 2も発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP