ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お取り寄せ】有田焼付き豪華カレーは味も本格派! スパイスと牛の旨味が溶け込む濃厚ルーが絶品

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

(14/01/17 追記)本記事、文末に訂正・お詫びを記載しました。

「伊万里(いまり)」とも呼ばれる、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器「有田焼」。その日本の磁器ブランドとして名高い有田焼とカレーがセットとなり、有田名物になっているそうです。
その豪華なカレーの名前は『有田焼カレー』

有田焼カレーは、ギャラリー&カフェレストランとして長い間有田で愛されてきた「創ギャラリーおおたのカリー」を、より多くの人に届けたいと生み出されたもの。第7回 JR九州企画「九州の駅弁」グランプリにおいて優勝、第8回大会では準優勝を獲得している人気商品です。その人気の味を確かめるべく、今回は『プレミアム有田焼カレー(福泉窯 手描き染付ぶどう絵器 )』をお取り寄せ!


セットの器は有田の中でもトップクラスの窯元「福泉窯」のもの。器の染付はもちろん手描きで、一家繁栄の意味が込められた、人気のぶどう柄。熟練の職人が一筆一筆丁寧に描いています。全て手作りのため、注文を受けてから作っているそう。


そして本格派なのは器だけではありません! 一週間かけた手作りのルーは身体に優しい28種類のスパイス、有田の美味しい水を使用し、愛いっぱいの本格派焼カレーに仕上がっています。

じっくり煮込んだ濃厚な特製ルーにとろけるチーズが、食欲をそそります。お米も佐賀県産米と素材にもこだわった逸品。
こだわりの本格派カレーを素敵な有田焼で味わえるなんて、これは贅沢! プレゼントなど贈り物にも喜ばれそうですね。

食べてみた感想は?

・じっくりと煮込まれた深みがあるカレー。ルーに溶け込んだ牛とスパイスの旨味が口の中に残ります。チーズとの相性も抜群で、ルーの量を調整しながらベストな味わいを探るのも良し。ずっしりとした存在感の器も高級感があり、使い勝手が良さそう。

・かわいい器がセットでお得! お取り寄せしたい逸品です。

・カレーは1日寝かせると美味しくなるというが、そのコクが最初から味わえる。牛の風味が「おとなのカレー」を感じさせる。

・まろやかかつ濃厚なルーが特徴的。刺激は少なく旨味重視の重めのルーであるため、チーズの風味が実に良く合う。お弁当としてこのカレーが食べられるというのであれば、必ず買ってしまいそう。器のクオリティは言うまでもないので、かなりお得感高し。

・一口食べたら止まらい、濃厚なのにいくらでも食べられる。味はしっかりカレー、でもどこか上品で、28種類の香辛料が食欲をそそる。きっと明日もこのカレーが食べたくなる。


※お詫び:感想の一部に「レトルト」という表現がありましたが、本品はレトルトではございません。訂正するとともに、謹んでお詫び申し上げます。今後はこのような事の無いよう留意いたします。(14/01/17 編集部)

【プレミアム有田焼カレー(福泉窯 手描き染付ぶどう絵器 )】
内容:約17cm×約16cm×高さ約6cm、約850g(容器包装込)
価格:2000円(税込)
※有田焼カレー商品によって、器の柄など異なります。

商品詳細はコチラ
http://www.sagafan.com/shop/main/commodity/oota/fukusen/

(写真撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊)

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP