ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガーリー? それともあざとい? 「雌ガール」提唱のファッション誌『ar』がこだわる「美肌」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

20代後半の女子をターゲットにした主婦と生活社のファッション誌『ar』(アール)が提唱する「雌ガール」。ガーリーさとセクシーさを両立させたファッションで、男子目線も気にしながら恋愛も楽しむ女子を指しているキーワードとのことですが、女優の井上真央さんがカバーガールを飾る2014年2月号では「美肌」についてフォーカスした特集が組まれています。

特に『ar』のカラーが反映されているのは、美肌術をレクチャーするページですっぴん風メイクを「本能ガール」、バランス感を重視した甘めメイクを「計算ガール」と2タイプを紹介しているところ。どちらも質感とフェロモンを追求していることは共通しており、ページデザインやモデルのポーズがおしゃれながらベース・アイ・リップ・ネイルまで網羅する内容になっているあたり、バッチリとキメる志向といえそう。

また、デニムアイテムとのコーデ例のページでは、「おフェロ」というキーワードが登場。肌の露出を増やすことで、飾らないガーリーさとセクシーさのどちらも狙っていますが…素足はともかく肩あきのトップスやハイウエストのパンツは取り入れるハードルが高いのではないでしょうか。全体的に丈が短いアイテムが多く、おなかが見えるコーデが目立っていて、真冬にマネするのは難しい印象も…。

ほかにも、「美肌の素はキュンですから」として、萌えたセリフやシチュエーションをモデルやライター・エディターが語るコーナーでは、実体験だけでなくマンガからもピックアップ。一言で済まさずに事細かく説明するコメントばかりで好感が持てるのですが、「二次元もどっぷり」とアピールするあたりがあざとい!
とはいえ、女子らしさを作っていくという姿勢は他の雑誌には鳴りを潜めているので、『ar』と「雌ガール」の展開にはこれからも注目です。 

『web!!ar』(公式サイト)
http://www.ar-mag.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP