ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おっさんホイホイな大宇宙コメディ! アニメ『スペース☆ダンディ』クロスレビュー[8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SD_MAIN_Re_WEB軽

2014冬アニメクロスレビュー『スペース☆ダンディ』

スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。
そして彼は、宇宙人ハンターである。

見たこともない新しい宇宙人を発見して、新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。
それは、早い者勝ちがルール。
宇宙を旅して、誰よりも早く、誰も見たことのない宇宙人を見つけるのが使命。

ダンディは、ポンコツロボのQT、途中で拾ったボンクラベテルギウス星人とミャウとともに、未知の星や異星人と出会う。
宇宙の果てへの冒険。見たこともない宇宙人の発見。
それが宇宙人ハンターの醍醐味なのだ!

制作/ボンズ
監督/総監督 渡辺信一郎
監督/夏目慎吾
声優/諏訪部順一、佐武宇綺、吉野裕行ほか
1月5日よりスタート
TOKYO MX 毎週日曜日 23時00分~
公式サイト:http://space-dandy.com/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

8/10点(レビュアー 4名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 9
おっさんホイホイ度 10
-----
総合 7

コブラ的な空気を醸し出し、カウボーイビバップの監督ということでおっさんホイホイ作品か。主題歌も岡村靖幸というだけで視聴継続ですな。1話の最後でみんな死んでしまったけど2話は普通にあるみたいなので細かいことは気にせずにおっさんホイホイに引っかかろうと思います。楽しみ。

srbnのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
ゲッツ! 10
-----
総合 7

一言目から「おっぱいおっぱい」と、ダンディな感じがブラウン管から滲み出てくる感じがした『スペース☆ダンディ』。サブタイトルの演出もニクいねェ。ドタバタ宇宙コメディといった感じで、良質な作画技術でもって全力でバカなことをやってます。ストーリーはほぼないようなものなので、途中から観ても問題ないタイプの作品です。既に1話で主要人物全員が惑星ごと爆死してるし。欲を言えば、宇宙っていう既に壮大な世界観ではじまっているので、もっとどデカい破綻があれば笑えたのかなあと思いました。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 9
脚本 8
作画 9
OP / ED 8
宇宙のダンディ度 10
-----
総合 9

個人的に今期から始まるアニメで楽しみにしていたのが今作、スペダンwwカウボーイビバップ好きとしてはスタッフ陣のメンツ的に見るしかないでしょwww初っ端からべー様の良い声でケツ談義から始まるとは予想外でしたがww世界観はタイトル通りスペースな感じなので近未来SFモノ、フーターズみたいなお店も近未来化しとりますねwww余談ですが運昇さんのキャラがビバップのジェットと同じような髭の生え方なのが気になるのは俺だけじゃないよね?w中の人一緒だからなのかな?ww何かネタが隠されているのか?wwwとりま第1話はハチャメチャドタバタ回だった感じですねwww惑星破壊爆弾みたいなのでダンディ死んだで終わったし、良い最終回だったwww次回はスペース二郎かwwwさてさてスペースSFコメディな今作、今後どんな展開になって行くのか楽しませて貰いますww

ジョージ・レックのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 9
OP / ED 8
まさかの最終回度 9
-----
総合 9

なるほどすごい。矢島正明のナレーションで否が応でも大宇宙の広大さを感じさせる。監督の渡辺信一郎っぽさ全開なので、どこかビバップっぽいと思うも多いかもしれんね。押し付けじゃないオサレ要素と超絶作画が見ててお得感。今期の「これ褒めておけば通っぽい枠」に堂々と君臨してくれるであろう。ライト層もディープ層もとりあえず最終回まで追いかけようぜ。問題は主題歌がいつ差し替えになってもおかしくないということだけ!

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。