ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Samsung、WQXGAディスプレイを搭載した新型Androidタブレット「Galaxy TabPRO」シリーズを発表、12.2/10.1/8.4インチモデルをラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは1月6日、米国・ラスベガスで開催されたCES 2014のプレスカンファレンスで新型Androidタブレット「Galaxy TabPro」シリーズを発表しました。Galaxy TabProシリーズは、解像度2,560×1,600ピクセル(WQXGA)の高精細ディスプレイを搭載したGalaxyタブレットの最新モデルで、同時に発表された「Galaxy NotePro」からSペン機能を省いたプレミアムモデルとなります。ラインアップは12.2インチの「Galaxy TabPro 12.2」、10.1インチの「Galaxy TabPro 10.1」、8.4インチの「Galaxy TabPro 8.4」の3機種。いずれも2014年Q1中よりグローバル市場で発売されます。Galaxy TabProシリーズには、Wi-Fi Onlyモデル、3Gモデル、LTEモデルの3種類が存在し、Wi-Fi Onlyモデルと3GモデルはExynos 5420 1.9GHz+1.3GHzのオクタコアプロセッサ、LTEモデルはSnapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサを搭載しています。OSはAndroid 4.4(KitKat)を搭載。TouchWiz UXもアップデートされています。メモリ仕様は、8.4インチモデルと10.1インチモデルが2GB RAMと16GB/32GB ROM、12.2インチモデルが3GB RAMと32GB/64GB ROMを搭載。いずれもMicro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面に800万画素CMOSと前面に200万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA(AllShare Cast)、ワイヤレスディスプレイ、IrRC(赤外線リモコン)、GPS/GLONASSなどに対応。12.2インチモデルのWi-Fiアンテナは2×2 MIMOで、USB 3.0端子も搭載しています(8.4インチモデルと10.1インチモデルはUSB 2.0)。バッテリー容量は、12.2インチモデルが9.500mAh、10.1インチモデルが8,220mAh、8.4インチモデルが4,800mAh。筐体寸法は、12.2インチモデルが295.6 x 204 x 7.95mm、732g/740g、10.1インチモデルが243.1 X 171.4 X 7.3mm、469g/477g、8.4インチモデルが128.5 x 219 x 7.2mm、331g/336g。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
英国ショップがXperia Z1 Compactの予約受付を開始、発売日は今のところ1月31日
Samsung、Galaxy NotePROとGalaxy TabPROでホーム画面を刷新、マルチウィンドウ機能もアプリを4つまで同時に開ける
CES 2014 : ZTEが同社初のスマートウォッチ「BlueWatch」を披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP