ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あゆが既読問題に言及!? 雑誌『Popteen』特集「ハマったスマホアプリ」に『LINE』『Twitter』 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

渋谷スタイルのファッションを中心に10~20代の女子カルチャーをピックアップしている月刊誌『Popteen』(角川春樹事務所)。400号を迎えた2014年2月号では久々に浜崎あゆみが振り袖姿で表紙を飾り、恋や人間関係など読者の悩みに答えるインタビューが掲載されていますが、注目したいのは、ユーザー数が3億を超えたスマホアプリ『LINE』について言及しているところ。

「好きな人に気持ちを素直に伝えるには、どうしたらいいの?」という質問に対して、あゆは「腹をくくるしかないよね!!」といいつつ、「でも、最近は伝達方法もいろいろあるじゃない? LINEの既読問題は置いといたとして(笑)」と続けて、「私が10代だったら、まずはLINEやメールで相手の様子をうかがうかな」とアドバイス。送ったトークが読まれていることを示す「既読」マークがプレッシャーになるという問題にあえて触れているあたり、『ポップティーン』の読者の切実な悩みも理解している証ともいえそう。

同じ号に掲載されている『2013年スーパー流行語大賞』という特集では、鉄板スタイルやブランド、テレビ番組などに混じって、「ハマったスマホアプリは?」というものも。そこでも1位は『LINE』で、2位は『Twitter』とコミュニケーションに使うアプリが挙がっています。しかも、5位には『LINE』のアドベンチャーゲーム『ウインドランナー』が入り、スタンプと合せてゲームも楽しんでいる10代女子が多いことが示される結果となっています。
また「よく見たTwitterアカウント」としては、モデルの”まあぴぴ”こと松本愛さん(@maapipi45)と”ゆらゆら”こと越智ゆらのさん(@yulayula8
)が上位に。読者の「ヒマさえあればつぶやいた」「もはや日課」という声もあり、今やJC(女子中学生)にとっても「フツー」のツールとなっているようです。

スマホ世代にとっては当たり前となっているソーシャルメディアとアプリですが、逆に言えばゲームやコミュニケーションツール以外はあまり活用されていない、という見方もできそう。2014年にはトレンドになるアプリが登場するのか、カギは女子ユーザーが握っているのかもしれません。

GAL’s POP – 月刊ポップティーン公式サイト
http://galspop.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP