ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無事に年を越せたのか? 6歳の男の子が両親の寝室にあった手錠をかけてしまう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

昨年の大みそか、ドイツで珍騒動が勃発しました。一家集合のパーティー中、6歳の男の子が両親のベッドルームでオトナのおもちゃの手錠を見つけて、自分の両手にかけてしまったのです。ニュースサイト『The Local』が報じています。

ヘースバッハ(バイエルン州北西部)の家で一家水入らずのパーティーが行われていた最中、男の子は退屈しのぎに、両親の寝室へ。そこでファーでおおわれた手錠を発見しました。見た目が可愛らしかったのか、寒い季節にやわらかい毛でおおわれたグッズが気になったのか、好奇心から身につけたそうです。

しかし、男の子は手錠を外せないことに気づきます。両手がしっかりロックされたまま、ベッドルームを出て家族の元に行きました。両親が我が子の両手を目の当たりにした反応はともかく、大人たちは無理やりこじ開けるのは不可能と判断。鍵で開けようとしましたが、紛失していました。

午後9時過ぎ、男の子、母親、祖母が地元の警察署に助けを求めると、交通隊員は「スペシャル・ツール」と呼ぶ機具を用い、手錠を外すことに成功。警察のスポークスマンは「(男の子と家族は)無事、新年を迎えられた」と談話を出しました。ただ、男の子は両親から、両親は祖母を含む他の家族から、お叱りの言葉を受けたかもしれません。

画像: By stevendepolo
http://www.flickr.com/photos/stevendepolo/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。