ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Pebble」の開発元が1月6日にCES 2014で‟スペシャルな何か”を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチ「Pebble」の開発元が来週米国・ラスベガスで開催されるCES 2014で何かの発表を行うことを自社の公式サイトで明らかにんしました。Pebbleは、1.26インチ144×168ピクセルのシャープ製低消費電力液晶”ePaper”を搭載したBluetooth対応のスマートウォッチ。AndroidやiOS端末とBluetooth接続させることで、スマートフォンにインストールした専用アプリをPebble上で操作することができます。米国では、AmazonやBest Buy、同社の公式オンラインショップを通じて購入することができます。価格は$150です。Pebbleは米国東部時間1月6日午前11時より発表イベントを行う予定です。発表時刻になると同社の公式サイトでライブストリーミングが開始されるので、発表の模様をリアルタイムで確認することができます。Pebbleは2014年中にもPebbleアプリ専用のアプリマーケットをローンチすると噂されているので、当日の発表内容はそれの可能性もあります。Source : Pebble



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11 M2ビルドの配信が開始
Wireless Chaging Xposed : ワイヤレス充電開始時の通知音を無効にしたり、振動モードに変更できるXposedモジュール
HTCの次期フラッグシップ‟M8”の正式名称は「HTC One+」? 2,900mAhバッテリーを搭載し、物理ボタンは削除されているらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP