体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸時代の人は初詣をしなかった!年末年始の雑学30

初詣の元祖とされる川崎大師の本堂

年末年始の風習やテレビ番組などについての、肩のこらない雑学を30コ取り上げてみた。年末年始の話題に困ったときに、ちょっと振ってみてはいかがでしょう? (トップ写真は初詣の元祖とされる川崎大師(平間寺)大本堂)

 

1,初詣は江戸時代の人はしていない

実は明治時代に盛んになった風習で、元々川崎大師の宣伝で使われたらしい。明治30年代まで川崎大師のキャッチフレーズ的なものだったようである。川崎大師そのものは鎌倉時代からある寺だが、今のように立派になったのは幕末から明治にかけてである。
初詣に近い「恵方詣」すら幕末に盛んになった行事で、非常に新しいものである。
(宝島社「神道を知る本」など)

2,初詣は元々はある組織のステマだった?!

明治時代に電鉄会社が、自分の沿線にある神社仏閣を「恵方」だという一大キャンペーンを張ったので初詣が大流行した。この時、陰陽道で言う恵方は全く無視されたので一部から批判も出たが、なんとなくなし崩し的に広まってしまったというのが真相のようである。(宝島社「神道を知る本」)

3,初詣訪問者ランキング上位の寺は実は教えが同じ

実は全て密教寺院である。新勝寺・川崎大師が真言宗で、浅草寺は戦後天台宗から独立した聖観音宗だが、これらは全て仏教で言う密教に属している。従って、得意分野は開運厄除けで、修行を積んだ阿闍梨が密教の秘法である護摩祈祷をしていただける。

4,浅草寺の本尊の観音様の姿は未だによくわかっていない

秘仏とされ、姿を見た人がほとんど誰も居ないため、姿がわからなくなっている。

「浅草寺の裏観音像と同じ姿」「そもそも仏像ではなく金の龍の像」「両手足が破損した古い観音像」「別の寺院に移した」

など、噂は色々あるが実際は不明である。

明治時代に、観音様は実は存在しないという噂が流行ったため、当時の役人が調べた所、「奈良時代の様式の聖観音像で、高さ20センチほど、焼けた跡が伺え、両手足がなかった」という報告であったというのが、浅草界隈を長年取材している五木寛之氏の説。(五木寛之『百寺巡礼』)

5,明治神宮の杜は太古からあったものではない

元々、明治神宮の敷地は肥後熊本藩の武家屋敷だった所で、森林などはなかった(だから熊本藩主の加藤清正が掘った『清正井』がある)。

今の森は大正時代に、「100年後に太古の森のように鬱蒼と茂るように」と当時の林学者が計画して作り上げたいわば人口の森なのだ。

6、浅草寺のおみくじを発案したのはあの有名人。凶が多い理由もある。

浅草寺のおみくじはあの南光坊天海が観音様のお告げで発見したとされるもので、「大吉は運の頂点でそこから落ちていくだけ、凶もこれから良くなるのだから悲観しなくて良い」という教えのため、凶が非常に多く3割以上が凶だと言われている。

7、明治神宮のおみくじは神様からのお告げの和歌が書かれている

明治神宮のおみくじは和歌の達人だったご祭神の明治天皇・昭憲皇太后の

御製が書かれているもので、「神様からのお告げ」なので吉や凶の表示がない。
この和歌のおみくじが大変良く当たるとネット上では話題になっている。

 

8,おみくじは結ぶものではない

おみくじ思想史研究をしている大野出・愛知県立大准教授によると、

おみくじを木の枝に結ぶ風習は神道とも仏教とも何の関係もなく、大正時代あたりから始まった無意味な風習とされている。ある寺院の90を超える老僧に大野准教授が聞いた所「ワシの若い頃はそんなことをしておる者は誰もおらんかった」という回答が帰ってきたという。
結んだからといって凶が吉になるわけでもない。神社仏閣にあるおみくじを結ぶ棒は、木におみくじを結ぶと木が傷むためにやむなく設置してあるもので、専門の業者から購入している。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy