体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE GROOVERS×武藤&ウエノ×スクービーが熱演! 〈Otonano/Oto〉レポ

 

 

タワーレコードが、11月14日に東京・O-EASTで開催した新たなライヴ・イヴェント〈TOWER RECORDS presents Otonano/Oto〉。その模様をレポートします! 

 

SCOOBIE DO (photo by 後藤壮太郎)

 

〈Otonano/Oto〉は、〈the luxury of adults~大人であることの贅沢~〉をコンセプトに、さまざまな経験を積んだ洗練された魅力を持つアーティストのステージが体験できるイヴェント。その記念すべき第1回のトップを飾ったのは、ソウルフルでファンキーな4人組バンド、SCOOBIE DO。アート・ブレイキー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズの“A Chant For Bu”が艶っぽくムードを盛り立てるなか、大きな歓声に迎えられて入場した彼らは、黒くてホットなインスト・ナンバー“Mary Had A Little Lamb”でライヴの幕を切って落とします。フロントマンのコヤマシュウが吹くブルース・ハープを含め各メンバーが巧みなソロ回しで魅了すると、「SCOOBIE DOです! よろしく!」という短い挨拶を挟んでシャ-プなカッティングから“Funky Way”へ突入。粘っこいグルーヴがアダルトな“The Chance”“Everything Gonna Be Alright”と一気に駆け抜けます。

 

SCOOBIE DO(photo by 後藤壮太郎)

 

「今日は飲んでる率高いね!」とお客さんに語りかけると、この日のセットリストが〈Otonano/Oto〉のコンセプトに合わせて〈スクービー史上無かったようなもの〉であることを明かし、「踊れる!?」との問いかけからヘヴィーなファンク・ナンバー“Don’t Stop The Music”を演奏。一転してタイトにキメた“秘密の果実”の次に、なんと近藤真彦“スニーカーぶる~す”をラグジュアリーなジャズ・ファンク調のアレンジでカヴァー! コヤマの「俺はこの曲を世界で2番目に上手く歌える!」との自画自賛(?)も納得の出来栄えでした。ライヴは、ロマンティックなディスコ・チューン“セツナ”から、“Private Lover”“December Song”とダンサブルに続きフィニッシュ。「この後もみんな飲んでいけよ~!」というメッセージに沢山の祝杯が挙がっていました。

 

武藤昭平 with ウエノコウジ(photo by 後藤壮太郎)

 

キャレキシコのエキゾチックなナンバー“Minas De Cobre”に乗って現れたのは、黒スーツをルードに着こなした武藤昭平とウエノコウジの2人。アコースティック・ギターとベースを手に椅子に腰かけた彼らは、まず乾杯からスタート(!)。ウエノが「いま近くの居酒屋で飲んできた」と語るように、すでにいい感じにお酒が入っている様子です。そんなリラックスしたムードながら、ジプシー音楽のような熱いパッションが立ち昇る“キリンの首”、ギターのボディをパーカッションに見立てて叩く武藤に、ウエノが思わず間奏で「この人、ドラマーだったんですよ」とこぼした“パラダイス・ダンス”と続く頃には、客席の視線はステージに釘付けに。

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。