ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RootCloak:rootチェック機能付アプリからroot状態であることを隠すXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、root状態のチェック機能を備えたAndroidアプリから端末がroot化されていることを隠してくれるroot端末ユーザー向けのXposedモジュール「RootCloak」を紹介します。Androidアプリの中には端末がroot化されていることをチェックするものも多く存在します。そういったアプリから端末がrooot化されていることを隠すのが今回紹介する「RootCloak」です。アプリの利用方法は、まず、Xposedインストーラーのダウンロードタブから「RootCloak」をダウンロードして有効にします。次に、アプリを起動して右上の「+」アイコンをタップ。インストール済みアプリの一覧が表示されるので、root状態であることを隠したいアプリを選択します。基本的な設定は以上で完了です。ただし、rootのチェック方法がアプリによって異なるため、全てのrootチェック機能付アプリに対応するわけではありません。新たなチェック方法が判明しだいその対応策を随時追加するというスタンスでRootCloakのアップデートは行われています。Xposedモジュールの詳細ページには対応アプリが記載されているので、動作チェックの参考にしてみてください。ちなみに、確認のために「Root Checker」というrootチェックアプリをRootCoakの対象に追加してみました。すると、root化されていないという結果が表示されました。Source : XDA Developers(Xposed Installer)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、CES 2014で新フラグシップ‟Sirius”を、5月には5インチスマートフォン‟Canopus”を発表か?
NTTドコモ、学生とその家族を対象にした基本料の割引キャンペーン「ドコモの学割2014」と「学生家族いっしょ割2014」の申込受付を2014年1月14日に開始
台湾AltekがAndroid端末からのリモート撮影に対応した超小型デジカメ「Cubic Wireless Smart Camera」を発表、価格は約1万円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP