体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンに自分の顔が映る?!『写パーン』を試してきた 12/21から25までは無料で遊べるぞ

写パーン

この記事、要するに?

・渋谷東急に登場したプリクラ型シール機『写パーン』で撮影すると、ビルの大型ビジョンに自分の顔が出るぞ。
・『写パーン』は12/21-25の間は無料。(通常は1回500円の予定)
・試したら本当に自分の顔が出た!かなり面白かった!
・「実験的な取り組み」とのことだから、試すなら今。

プリクラ型シール機『写パーン』の世界初!な特徴

今回試してみた『写パーン』は、いわゆるプリクラ型のアミューズメント・シールプリント機だ。フレームを選んで撮影すると、シールが印刷されて出てくるところまでは普通なのだが、そのあとが違う。

『写パーン』外観

あの渋谷のクランブル交差点を見下ろす大きなビル『QFRONT』の大型ビジョンに、撮影した画面が放映されるのだ。

QFRONT

実際に試させてもらえるとあり、渋谷へ向かってみた。

『写パーン』の設置されている場所は、東急百貨店・東横店の西館2階。

東急

ハチ公像の向かって左手にある『TOKYU』と掲げられた建物の2階だ。JR、銀座線、京王線などの乗り換え通路でもあるので「ああ、あそこか」とお気づきの方も多いだろう。
スクランブル交差点を見下ろすことのできる場所でもあり、そして『QFRONT』の大型ビジョンを見ることもできる場所なのだ。

男一人でも利用可

『写パーン』の見た目はゲームセンターなどにも普通に置いてありそうな、よくある出で立ち。
おっさん記者一人でおそるおそるのぞいてみる。最近のゲームセンターのシールプリント機の場合、男性のみでの利用は禁止されている所が多い。しかし『写パーン』にはそういった制限はないそうだ。一安心。

中をのぞく

メニュー画面も特に迷うことなくタッチペンで項目を選んでいくだけ。

スタート画面 タッチ 一人用選択

もし迷うとしたら2種のフレーム選択くらいだろうか。

フレーム2種選択

記者が手始めに選んだのはビールのフレームと寿司のフレームの2種類。自分の好きなモノなら間違いない。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。