ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都発の音楽創作ユニット、にげたひつじが初の全国流通盤リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ソフト・ロックやフリー・ソウル、AOR、ブラジル音楽などのエッセンスを濃縮した独特のシティー・ポップスを奏でる京都発の音楽創作ユニット、にげたひつじ。彼らが初の全国流通盤『nigetahitsuji』を2014年2月5日にリリースする。 


にげたひつじ 『nigetahitsuji』ジャケット画像

タワーレコードの一部ショップ限定で昨年末に発売したアルバム『Bitter Sweet Songs』がロング・セールスを記録するなど、メンバーである岸本卓(ヴォーカル/コンポーズ)と西村圭(アレンジ/プロデュース)のこだわりが詰まった高い音楽性で注目を集めている彼ら。待望の新作には、リード・トラックの“朱色のレディバード”をはじめ、すべて新録となる計7曲が収められる。にげたひつじならではのメロウでグル―ヴィーな極上のポップ・ミュージック作品に仕上がっている模様だ。

 

 

〈にげたひつじ 『nigetahitsuji』収録曲〉
1. 朱色のレディバード
2. マクロミン
3. 気持ちは珊瑚色
4. 昼と夜の出会うまちで
5. 細長い女
6. 型落ちのハニー
7. MS

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP