ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関東初上映! 『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』先行上映会&舞台挨拶レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月28日に公開される劇場アニメ『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』先行上映会&舞台挨拶が新宿バルト9にて行われた。『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』は、スターチャイルドとufotableがタッグを組み制作された劇場アニメ作品。原作は徳間書店から出版されている『のろい屋しまい』(著:ひらりん(物語環境開発))。ファンタジーな世界と現代とが交錯する不思議な世界観を、繊細な色彩とダイナミックな作画で描いている。

舞台挨拶には平尾隆之監督、ヨヨ役の諸星すみれさん、ネネ役の加隈亜衣さん、音楽の椎名豪さんの4名が登壇し、これからの上映を心待ちにしている観客に向けてメッセージを送った。

今回の先行上映会は徳島で開催されたイベント『マチアソビ』で世界最速上映をされて以来、公開前2度目の上映となる。上映会は、まるでお祭り前のような緊張感と期待感に包まれる中開催された。

関東で初の舞台挨拶に監督もキャストも緊張

舞台挨拶ではまず、平尾監督の「率直に言いますと緊張しています」との言葉からはじまった。平尾監督は緊張していながらも「完成して時間が経っている作品なので、観てもらってどういう感想がもらえるか楽しみ」とコメントし、こだわった所について聞かれると「基本的に全部こだわっています。作画もお芝居どちらもそうですし、作画で言えば柔らかい雰囲気を出したり、美術に主線を入れるところや、色遣いなどにこだわっています」と語った。

キャラクターに命を吹き込む声優さんにもコメントを伺った。ヨヨ役の声優諸星さんは「一度試写で観せていただいたのですが、本当にすごくて、映画にのめり込んでいく感じでした。まだ観ていない方には早く観ていただきたいと思います」と、ネネ役の加隈さんは「私は2度観ているのですが、観る度に印象が違う作品だと思いました。映画って気分や体調で受け取り方が違うと思うんですが、今日みなさんがいいタイミングで観ていただけたらいいなと思います」とコメントした。

音楽の椎名さんは「感情面をより伝えられるようドラマティックに、と考えて作りました。映画館ならではの音響で、体で感じられる音を味わってもらえればと思います」とコメントした。制作についての椎名さんと平尾監督のトークでは「最初に作った1曲がとても大事な『ヨヨとネネ』の世界観を表す曲で、半年ぐらいかけて60回以上のリテイクを重ねて生まれました」というこだわりを感じさせる一幕もあった。

上映後にはアフタートークショーも開催。登壇者は先ほどの平尾監督、諸星さん、加隈さん、椎名さんに加えて、キャラクターデザインの柴田由香さん、副監督の高橋タクロヲさんの2名も加わり、映画を観たばかりの観客とのディープなトークが行われた。アフタートークでは、作画についての質問や作中に出てくる重要なキーワードについての疑問など、ネタバレ不可避なトークが30分途切れなく繰り広げられた。

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』は、2013年12月28日(土)より新宿バルト9ほか全国にてロードショー。

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』作品情報


■あらすじ

その時代その国には——
魔法や呪いをかけたり解いたりすることを生業とする人々がいました。
その時代の魔の国。樹老長さんの森で、のろい屋を営む魔女の姉妹がいました。
のろい屋では、姉のヨヨさんと妹のネネちゃんが、魔法や呪いに関する人々の悩みの依頼を日々解決していました。
そんなある日、森に突然異形の大樹が生えてきました。よく見ると、大樹は見たこともない建物に絡みついています——それは、2人が住む魔の国にはないはずの、現代的な高層マンションだったのです!
さっそく調査にあたるヨヨさん。建物内で見慣れない人影を見つけて追いかけると、今度は足元に謎の魔法陣が浮かび上がり、不思議な光に包まれて……。
ヨヨさんが飛ばされた先は、見知らぬ異世界。そこでヨヨさんは、孝洋と亜紀という二人の子供に出会います。
孝洋たちは突然目の前に現れたヨヨさんに戸惑い、自宅へ逃げ帰りますが、孝洋の自宅で待っていたのは……何と“化物”になってしまった両親の姿でした!
目の前の出来事が信じられない孝洋たち。そんな様子を見てヨヨさんは呟きます。
「これは……呪い!!??

異世界に迷い込んでしまったヨヨさんは、まずは孝洋たちの両親を化物に変えた魔力の元をたどることにしました。一方、魔の国に残されたネネちゃんは、魔の国と異世界で起こっていることには何か関連があるのではと考え始めました。
魔の国と異世界に一体何が起こったのでしょうか!!??
かくして、2つの世界をまたいだヨヨさんとネネちゃんの不思議な冒険が始まるのです!!!!

■上映劇場
岩手 盛岡ルミエール ピカデリー
東京 新宿バルト9
東京 シネマメディアージュ
東京 TOHO シネマズ錦糸町
東京 T・ジョイ大泉
神奈川 横浜ブルク13
千葉 T・ジョイ蘇我
埼玉 こうのすシネマ
新潟 T・ジョイ新潟万代
新潟 T・ジョイ長岡
大阪 梅田ブルク7
大阪 なんばパークスシネマ
京都 T・ジョイ京都
広島 広島バルト11
島根 T・ジョイ出雲
徳島 ufotable CINEMA
福岡 T・ジョイ博多
福岡 T・ジョイ久留米
福岡 T・ジョイリバーウォーク北九州
大分T・ジョイパークプレイス大分
鹿児島 鹿児島ミッテ10

舞台挨拶ツアー刊行決定!詳しくは公式サイトをチェック!

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ 公式サイト
http://www.majocco.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP