ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「ドコモメール」のWEBサイト版とIMAPプロトコルによるアクセス機能を12月17日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは12月16日、同社のメールサービス「ドコモメール」のWEBサイト版とIMAPによるアクセス機能を明日12月17日より提供する発表しました。ドコモメールは、送受信したメールデータをクラウドサーバ上に保存することに対応したspモードメールの後継サービスです。10月のリリースからこれまではAndroid/iPhone用のアプリでしか利用できませんでしたが、明日17日よりWEBブラウザとIMAPプロトコルに対応メールソフト(Thunderbird、Outlook、Android標準メールクライアントなど多数)でも~~@docomo.ne.jpの受信メールを閲覧したり、メールを作成して送信できるようになりますメールデータや操作内容はクラウドサーバ上に保存されるので、異なる端末からアクセスしても基本的に同じ内容が表示されます。また、WEBサイト版は2014年に終了する「iモード.net」のドコモメール版といったもので、デコメや絵文字の閲覧や作成にも対応しています。注目なのはIMAPに対応するところですね。現在のドコモメールは専用アプリだけでしか利用できませんが、IMAPに対応することでAndroidで利用する際のメールクライアントをIMAPに対応している範囲で自由に選ぶことができます(その代り、アプリによってはデコメを作成できなかったり、メッセージRなどを閲覧できなかったりすると思いますが・・・)。iモードメールしかなかった時代には非公式にiモード.netと連携するアプリが多数登場していました。IMAP対応化によって、そういったアプリがまた登場していくると予想されます。ドコモメールWEBサイト版は12月17日午前0時にオープンする予定。IMAPの開放は12月17日午後4時より行われる予定です。どちらも利用するにはdocomo ID/パスワードでログインする必要があります。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
AcerのLiquid Zシリーズ新モデル?「Z150」がBluetooth SIGの認証を取得
ArchosがiPad miniそっくりな7.9インチ3G対応タブレット「Archos 79 Xenon」を発表
Immerse Me:Android 4.4.x端末で画面を広く使えるImmersiveモードを強制的に有効にするXposedモジュール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP