ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まもなくオンエア 眠眠打破×J-WAVE『GROOVE LINE Z』コラボ番組で読み上げられそうな川柳を2013年の流行語から直前予想

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

まもなくオンエア 眠眠打破×J-WAVE『GROOVE LINE Z』コラボ番組で読み上げられそうな川柳を2013年の流行語から直前予想
『眠眠打破』がJ-WAVEラジオ番組『GROOVE LINE Z』とコラボレーションしたドライバー&ビジネスマン応援番組『MINMINDAHA STRESS 575』が、2013年12月16日(月)20時から『USTREAM』、『ニコニコ生放送』で配信される。番組では、リスナーから募集した「ドライバーあるある575」「ビジネスマンあるある575」といった、ドライブやビジネスにからめた5・7・5の川柳が紹介される予定だ。20時まで募集しているこの川柳に応募して、番組で読み上げてもらうにはどうすべきか。編集部が独断と偏見で、読み上げられそうなキーワードを予想してみることにする。

番組はナビゲーターのピストン西沢さんに加えて、スペシャルゲストにLiLiCoさんを迎え年末のドライブシーンに役立つ情報・ネタを紹介。また、ビジネスマンにも役立つ、息抜き・ストレス解消法なども紹介される予定だ。20時から30分は「ビジネスマン応援編」、20時30分から30分は「ドライバー応援編」の2部構成で、それぞれの部門に応募された川柳の優秀作品が読み上げられる予定だ。

まず、「ビジネスマン応援編」で読み上げられそうなキーワードを、『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』の候補語から考えてみよう。大賞を受賞した「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4語は使う人が多いと思われるので、競争相手は多く、採用の確率は低いと考えた方がよいだろう。

そこで、上記4語を除いてガジェット通信編集部がオススメするキーワードは次のとおり。

ブラック企業
限定正社員
追い出し部屋

ネットをウォッチしている読者の皆さんなら、これらキーワードを使った「ビジネスマンあるある」が簡単に思いつくのではないだろうか。『USTREAM』『ニコ生』で放送されることから、ネットとの相性で考えると、『ネット流行語大賞2013』にもノミネートされた

バカッター
激おこぷんぷん丸

これらを使ってみるのもいいだろう。ただし、「激おこぷんぷん丸」を5・7・5にどう収めるかは各自で考えてみてほしい。

続いて、「ドライバー応援編」で読み上げられそうなキーワードを、同様に『2013 ユーキャン新語・流行語大賞』の候補語から予想……と思ったが、ドライバーと関係しそうなキーワードは

弾丸登山
ダークツーリズム
富士山

の3語。使いこなすのは難しそうだが、うまく使えば注目は集められるだろう。今回はネットでの生放送ということで、「ドライバー応援編」の応募数は少ないということも予想される。インパクトある作品を応募できれば採用につながりやすそうなだけでなく、「ドライバー応援編」は年末にJ-WAVE・ラジオ大阪でもラジオ番組としてオンエアされる予定らしいので、ラジオでも読み上げられてより作品を広めてもらえるというメリットもありそうだ。川柳自慢は「ドライバー応援編」に注目。

さて、前回の記事で予告したとおり、ガジェット通信編集部もこちらに実際に応募してみた。投稿した作品は

応募作品

お・も・て・な・し やはり心に裏があり
(ビジネスマンあるある)

「大賞語じゃねえか!」「ドライバーじゃないのかよ!」とツッコむ声が聞こえてきそうだが、これで応募してしまったので仕方ない。番組で読み上げられるかどうか、読者の皆さんも期待していてほしい。

川柳の応募は、放送開始となる2013年12月16日(月)20時00分のギリギリまで受け付けているので、これを読んだ読者の皆さんもふるって応募してみては。優秀作品にはタブレットやプラズマクラスターイオン発生機などの豪華賞品も用意されるほか、各賞には年末に眠気と戦わなくてはいけない人々のために、眠眠打破より強力な『強強打破』5本セットがついてくるぞ。

『MINMINDAHA STRESS 575』特設サイト
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/stress575/

参考記事:
あの眠眠打破がJ-WAVE『GROOVE LINE Z』とコラボ 芹那さんはいないけどガチでビジネスマン&ドライバー応援するぞ
http://getnews.jp/archives/472389

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。