ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド政府向けAakashタブレットを製造した英Datawindが英国市場で6機種の超低価格タブレット「UbiSlateシリーズ」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、インドで現地の政府が学生たちに約3,500円のAndroidタブレット「Aakash」を提供したことがニュースになっていました。それらを設計・製造した英DatawindがAakashタブレットの開発・製造ノウハウを生かして、英国市場に6機種の超低価格タブレット「UbiSlateシリーズ」を投入すると発表しました。英国で発売されるDatawind製タブレットは7インチモデル5機種と9インチモデル1機種で、£29.99(約5,000円)~£129,99(約21,000円)という現地の相場からするとかなり安い価格設定となっています。「UbiSlate 7Ci」は、Android 4.0.4、7インチ800×480ピクセルのディスプレイ、Cortex-A8 1GHzシングルコア、512MB RAM、4GB ROM、前面に30万画素カメラ、Micro SDカードスロット、Gセンサー、Wi-Fi機能を搭載。価格はなんと£29.99です。「UbiSlate 7C+」は、「UbiSlate 7Ci」にGPRS/EDGEのデータ通信機能を追加したモデルです。価格は£69.99。「UbiSlate 7Cx」は、「UbiSlate 7C+」に音声通話機能を追加したモデル。エントリーレベルのスマートフォンと同等の機能を持ちます。価格は不明。「UbiSlate 7Cz」は、Android 4.2.2(Jelly Bean)、7インチ800×480ピクセルのディスプレイ、1.2GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、前面に30万画素カメラ、Micro SDカードスロット、Gセンサー、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1、GPS、音声通話機能を搭載しています。価格は£79.99。「UbiSlate 3G7」は、「UbiSlate 7Cz」の3G通信対応版です。価格は£129,99です。「UbiSlate 9Ci」は、「UbiSlate 7Ci」の画面サイズを9インチに拡大(解像度はそのまま)し、CPUをCortex-A9 1GHzにアップグレードしたモデル。価格は不明。Source : Datawind



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ドコモメール」のPCブラウザ版を公開
Xperia Z1のAndroid 4.3アップデートにおける変更内容を紹介、新しい省電力機能「バックグラウンドデータのキュー」が追加、Windows 8.1以降のBluetoothテザリングに対応など
Xperia Z1のブートローダーアンロックによってカメラが起動しなくなる問題はAndroid 4.3アップデートで解消された模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP