ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Chrome 32 Betaでダブルタップのための300msの遅延が無くなり、よりリニアに反応するようになった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでのAndroid版ChromeブラウザにはダブルタップでWEBページを拡大・縮小するために2回目のタップを待ち受けるための300msの遅延時間が設定されていたそうなのですが、12月12日にリリースされたChrome 32 Betaから拡大・縮小できないモバイルサイトを表示している場合は300msの遅延が無効になるように変更されていると伝えられています。この変更を体感するにはChrome 31正式版とChrome 32 Betaのそれぞれでチェックボックスを押してみるとよいでしょう。例えば、Googleトップページの「検索設定」を開き、並んだチェックボックスを押してみてください。Chrome 32 Betaの方がよりリニアに反応していることを体感できます。この変更によって、一部のモバイルサイトではダブルタップによるズーム操作を行えなくなると思いますが、ズームできるモバイルサイトはあまり多くなく、また、マルチタッチ操作で拡大・縮小できる端末が多いことから、大抵の端末では操作性が損なわれることはないと思います。「Chrome 32 Beta」(Google Playストア)Suorce : Chrome Releases BlogAndroid and me



(juggly.cn)記事関連リンク
公式Android 4.3ファームウェアに含まれていた新バージョンのXperiaホーム(6.1.2.A.0.1)を試す
Moto Gの日本語への対応状況を紹介
Google、Google Cast SDKの正式リリースとChromecastのグローバル展開を2014年に計画、家電メーカーとの提携も

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP