ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャズ・ギタリスト巨匠、ジム・ホールが83歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ジム・ホール 『Live!』ジャケット画像

ジャズ界の巨匠として知られるUSのギタリスト、ジム・ホールが83歳で死去した。彼の妻・ジェーンの説明よると、ジムは自宅であるマンハッタンのアパートメントにて、短い病気の後、睡眠中に亡くなったという。 

30年にニューヨーク州バッファローで生まれたジムは、50年代半ばからジミー・ジュフリーのトリオや、先日に逝去したチコ・ハミルトン率いるカルテットの一員として活躍。ソニー・ロリンズ・グループ、アート・ファーマーとの双頭バンドを経て、57年には初リーダー作『Jazz Guitar』をリリースした。その後も、ビル・エヴァンスとの共演盤『Undercurrent』、チェット・ベイカー、ポール・デスモンドらが参加した『Concierto(邦題:アランフェス協奏曲)』、ドン・トンプソン、テリー・クラークとのトリオで吹き込んだ『Live!』など数多くの名作を録音。複雑なハーモニーを駆使したクール・トーンのサウンドで人気を博し、パット・メセニー、ビル・フリゼールといった後進のギタリストにも大きな影響を与えている。

近年も精力的な活動を展開しており、先月にはジョン・アバークロンビー、ピーター・バーンスタインとのトリオ編成でコンサートを実施。なお、2014年1月にはロン・カーターと共にBlue Note Tokyoで来日公演を行う予定だったが、今回の訃報を受け中止となっている。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP