ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本独自モデルだった「Galaxy J」が台湾でも発売へ、Samsungが正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは12月9日、日本独自モデルとして国内発売された「Galaxy J」を台湾でも発売すると発表しました。台湾でも「Galaxy J」というブランドが使用されます。台湾でGalaxy J(SGH-N075T)は来週より現地のキャリア・小売店を通じて販売されます。価格は21,900台湾ドル(約72,800円)。国内版との違いは、忌わしいキャリアロゴがない点、FeliCa・ワンセグなどの国内向け機能を省いた点です。また、企業におけるBYODに対応したKNOXアプリがプリインストールされています。カラバリはホワイトとレッドの22色。日本で発売されたブルーはありません。Galaxy Jは、5インチ1,920×1,080ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM、背面に1,300万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、2,600mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooht v4.0、赤外線リモコン、NFC、DLNA、GSM/WCDMA/LTEに対応しています。台湾では来年よりLTEが開始されることから、台湾モデルは事前にLTE cat 4にも対応しています。Source : ePrice中時電子報



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技もモジュール型スマートフォンを開発する計画? 同社CEOが「Magic Cube」のコンセプト画像を公開
Android 4.4.2(KOT49H)がNexus 4、Nexus 5、Nexus 7(2012&2013)、Nexus 10に配信開始
Mirasolディスプレイのスマートウォッチ「Qualcomm Toq」の開封映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP