ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技は2014年にもシンガポール市場に進出する計画、Hugo Barra氏が明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 小米科技は2014年中にも中国・台湾を抜けて他のアジア地域にも進出する計画を立てているようです。Xiaomi Globalの副社長を務める元Google社員のHugo Barra氏が台湾を訪問した際に、マスコミに対してその意向を明らかにしたと伝えられています。Barra氏は今年10月に小米科技に移籍し、小米スマートフォンをグローバル展開することに取り組んでいます。Red Rice Phoneの発表のために台湾を訪れた際、同氏は、2014年は中国・台湾だけではなく、東南アジア、特に、次はシンガポール市場をターゲットにしていることを明らかにしました。小米科技は新興企業ながらも一貫したデザインと低価格ながらもハイスペックなスマートフォンを世に出し続けており、今や中国ではトップ3に入る販売台数を持つ企業にまで成長しています。市場によって状況も変わってくるので、シンガポールでも中国・台湾のように受け入れられるのかは未知数です。Source : Sogi



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4.1の動画キャプチャー機能ではBGMなどの録音も可能らしい
LGスマートフォンの高機能なカメラアプリが他社端末に移植される、apkファイルが公開
NTTドコモ、Galaxy Note SC-05Dのソフトウェアアップデートを開始、dビデオの動画が正常に再生されない問題を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP