ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

分厚い300gの赤身肉が1050円! 銀座にステーキ専門店『いきなり!ステーキ』がオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


高くて薄っぺらい肉よりも、お手頃価格でうまい赤身肉をお腹いっぱい食べたい! そんな人にオススメのステーキ専門店が銀座にオープンしたぞ。

12月5日にオープンした『いきなり!ステーキ』は、『ペッパーランチ』でおなじみのペッパーフードサービスが運営する新業態の立ち食いステーキ店。「量り売り&立ち食い」スタイルが最大の特徴で、目玉はオーストラリア・鳴尾牧場で日本人好みの味に飼育した牛肉。同社の他店では1g10円で提供されているこの肉が、ここではなんと半額の1g5円で食べられるのだ(注文は300gから)。また、ランチタイムには300gのステーキあるいはハンバーグのセットを1050円で提供。「とにかく肉をたらふく食いたい!」という気分の時にはぜひ訪れたい店だ。



ちょうど昼時に行ってみると、既に店外にまで行列が。20坪の店内はすべて立食用のカウンターで、45人ほどで満員になってしまう。通路はものすごく狭いので店員さんが通れるように融通してあげよう。ランチタイムのメニューはステーキかハンバーグのセットのみ。ディナータイムのメニューも最小限に絞られている。この辺の割り切りが安さの秘密か。


客席からガラス張りの厨房を見ることができる。どーですか、この大きな肉の塊! オーストラリアおよびアメリカ産牛肉の肩ロースで、牛脂注入などの小細工は一切なし! 表面を備長炭で炙った300gのレア肉を、IHヒーターで温めた鉄板にのせて提供。こんな分厚い肉を食べるのは初めてだ!


肉汁にガーリックバターとソースが絡まり、なんとも食欲をそそられるにおいが香り立つ。旨味の詰まったいかにもな赤身肉で、スジも少なく味は上々。周りのお客さんも「ホントに“肉!”って感じ」「さすがに300gはすごいねぇ」と満足気。

お値段はライス、サラダ、スープ、醤油ベースのソースが付いて1050円。しかもライスはおかわり1回無料という圧倒的なコストパフォーマンスの高さ! 原価率はランチタイムでおよそ5割、ディナータイムには6~7割にもなり、肉だけだとほとんど儲けが出ないそうだ。コスパ厨は毎日通うしか!

「ランチの3倍はいい肉を使っている」という鳴尾牧場産牛肉も食べてみたかったけれど、さすがにお腹いっぱいなのでディナーはまたの機会におあずけ。しかし1050円でこの味・ボリュームは本当にすごい。マジオススメ!

【店舗概要】
いきなり!ステーキ 銀座4丁目店
東京都中央区銀座4丁目10番14号
ランチタイム 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナータイム 16:00~23:00(ラストオーダー22:30)
http://www.pepper-fs.co.jp/IkinariSTEAK/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP