ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内3キャリアのAndroidスマートフォン機種別利用者ランキング(2013年モデル)、NTTドコモとauはSony Mobile端末がトップ(MMD研究所調べ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD研究所は12月5日、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3社における機種別利用者ランキングを発表しました。調査対象者数は図中の「N=」の数字です。NTTドコモでは、なんと21.8%もの人が「Xperia A SO-04E」を使用していることがわかりました。2位もXpeira Z SO-02Eと多く、さらに、Xperia Z1 SO-01Fも発売されたばかりにもかかわらず6.1%の人が使用しています。Sony Mobile端末は全体の38.9%を占めており、2013年モデルの中ではトップメーカーとなります。KDDIについても、Xperia UL SOL22が12.7%を占め、Sony Mobile端末がトップとなっています。ソフトバンクでは、AQUOS PHONE Xx 203SHの23.5%を筆頭に、シャープ製端末の利用者が多いことがわかります。シャープのシェアはトータル42.7%とNTTドコモのSony Mobileのような位置づけとなっています。Source : MMD研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、KitKatのアップデート版「Android 4.4.1(KOT49E)」を発表、Nexus 4やNexus 5にアップデートを配信開始
シャープの「GALAPAGOS STORE」のオープンから3年が経過、本日より「3周年記念キャンペーン」が実施されます
Cal : 定番のToDo管理アプリ「Any.Do」提供元が開発した、美しく操作しやすいUIを備えたカレンダーアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP