ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アベンジャーズ」とゆでたまご先生が夢のタッグ! キン肉マンファンは見逃すな!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2012 年に公開され、全米で歴代オープニング記録を塗り替えるなど、映画を超える社会現象を巻き起こし、日本でも大ヒットを記録 した『アベンジャーズ』。新たなる『アベンジャーズ』に向けて、マーベル・スタジオが総力を結集した最新作が、アベンジャーズ最強の 男“ソー”とその弟にしてアベンジャーズ最強の敵“ロキ”を主人公にしたアクション超大作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が現在全世界で大ヒットしています。

日本では2月1日に公開される『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』と4月19日に公開となる『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の公開、そして新たなる“アベンジャーズ・プロジェクト”の幕開けを記念して、キン肉マンの生みの親であるゆでたまご先生による、2作品公開記念のスペシャルイラストが完成! 

今回の夢のイラスト化は、新しいアベンジャーズ・プロジェクトの一つ。アベンジャーズ最強の男と、アベンジャーズのリーダーという マーベル最強コンビに対抗できるのは、老若男女誰もが知る日本を代表するヒーロー『キン肉マン』しかいないということで、今回のプロジェクトがスタートしました。

このイラストは完全オリジナルで、マイティ・ソーとキャプテン・アメリカが、ゆでたまご先生のタッチで 絵が描かれるというまさに、マーベルとゆでたまごの夢のタッグ。本イラストは1月4日発売の週刊少年ジャンプに掲載され、そのジ ャンプに先行して、12月14日から500枚限定で発売される『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』と『キャプテン・アメリカ/ウィン ター・ソルジャー』2作品プレミアム前売券の特典ポスターにもなるとのこと。アベンジャーズファンとキン肉マンファンの男子たちはお見逃し無く!

ゆでたまご、嶋田先生と中井先生のコメントも到着しています。

【ゆでたまご(嶋田隆司・中井義則)コメント】

嶋田:アメコミヒーローのイラストを描かせて頂いたのは初めてです。日本には沢山の漫画家の方がいらっしゃる中で、ゆでたまごを選んで頂き光栄です。  

中井:マーベルのキャラクターは以前から好きでしたが、いざ描くとなると物凄いプレッシャーでした。ゆでたまごらしさが損なわれないよう、新超人を描くつもりで挑みました。  

嶋田:来年はキン肉マン35周年ですが、今回のイラストはある意味記念になりました。まだまだ頑張るぞ!アメコミには負けないぞ!という気持ちにさせてくれました。友情/努力/勝利というキン肉マンのテーマなのですが、同じものをマーベル作品には感じます。

中井:ヒーローの条件とは決して特別な存在ではないと思います。頑張りぬけることがヒーローだと思います。 

嶋田:絶対あきらめないのがヒーローだと思います。ソーもキャップも、絶対無理だと思う窮地で頑張る姿に人は感動するのだと思います。それはキン肉マンも同じです。

【プレミア前売り券発売劇場】
東京:丸の内ルーブル
川崎:109 シネマズ川崎
大阪:大阪ステーションシティシネマ
名古屋:109 シネマズ名古屋
札幌:札幌シネマフロンティア
福岡:ティ・ジョイ博多

マイティ・ソー/ダーク・ワールド
http://www.marvel-japan.com/movies/thor/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP