体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleのAndy Rubin氏はAndroidの責任者を退いた後、リアルなAndroid 人型ロボットの開発に専念

今年3月までAndroid部門を率いていたGoogleのAndy Rubin氏が、今度は‟リアルなAndroid”となる人型ロボットの開発プロジェクトを率いていることがNew York Timesに掲載された同氏へのインタビュー記事で明らかになりました。Android部門のトップを退いた後のRubin氏の動静はほとんど伝えられていませんでしたが、New York Timesによると、Rubin氏が電話インタビューでロボットを開発していることを明らかにしたそうです。まさか、Google Xプロジェクトの中でロボットを開発に取り組んでいたとは・・・。Rubin氏はそのプロジェクトに関する詳細を口になかったそうですが、New York Timesは、Googleが研究開発を行っているロボット開発プロジェクトは、今のところ一般消費者向けの製品としてではなく、製造業や流通業などの向上や倉庫などにおいて、人の手で行っている作業を自動化することを目指しているものだと伝えています。Rubin氏は、「他のmoonshotと同じように時間的要因を考えなければならい」、「我々は十分な助走期間と10年先のビジョンを持つ必要がある」と述べたそうです。今年3月、GoogleのAstro Teller氏はSXSWイベントで、今後数か月のうちにGoogle Xの新プロジェクトを発表すると述べていましたが、それは、Rubin氏の率いるロボット開発プロジェクトのことかもしれません。Source : New York Times



(juggly.cn)記事関連リンク
ホンダ、エアバッグ内蔵のスマートフォンケース「Smartphone Case N」を開発
Google、Android版Google検索にインストール済みアプリ内の情報検索機能を追加
NTTドコモ、「あんしんモード」アプリをアップデート、「歩きスマホ防止機能」を追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。