ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

液晶と電子ペーパーディスプレイを搭載した2画面スマートフォン「Yota Phone」がついにロシアで発売開始、今後は欧州や中東でも発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

液晶ディスプレイと電子ペーパーディスプレイを同時に搭載したユニークな仕様で話題を集めたロシアの新興企業「YotaDevices」のAndroidスマートフォン「Yota Phone」がついにロシアで発売されました。Yota Phoneはロシアのネットショップを通じて販売されています。希望小売価格は19,990ルーブル(約61,7000円)。Yota Phoneはグローバル展開される予定で、今後は、ドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、英国、ギリシャ、キプロス、チェコ、サウジアラビア、クウェート、カタール、パキスタン、イラク、イラン、エジプトでも発売されます。欧州での販売価格はVAT込み€499(約69,500円)です。今のところ、日本を含む東アジアでの発売予定は不明です。YotaPhoneは、フラット型のボディ両面に4.3インチのJDI製液晶ディスプレイ(1,280×720ピクセル)とE Ink製の電子ペーパーディスプレイ(360×640ピクセル)を搭載したAndroidスマートフォン。普通のAndroidスマートフォンとして利用することはもちろん可能で、2つの画面は連動しており、液晶画面で電子書籍を開き、反対側の電子ペーパーディスプレイに出力すれば、小型の電子書籍リーダーとして利用できます。電子ペーパーディスプレイはスマートフォンの通知やニュース記事などの新着情報を表示する常時ONの待受画面としても機能します。スペックはMoto X並みです。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)、プロセッサはSnapdragon S4 Pro MSM8960T 1.7GHzデュアルコア、メモリは2GB RAMと32GB ROMを搭載。カメラは背面に1,300万画素と前面に100万画素カメラを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS/A-GPS/GLONASS、FMラジオなどに対応。バッテリー容量は1,800mAh。本体サイズは133,6 x 67 x 9,99mm、質量は146g。対応周波数は、LTE(800/1800/2600MHz)、WCDMA(900/1800/2100MHz)、GSM(900/1800/1900MHz)です。国内でも3GとLTEの東名阪バンドなら使用できる模様です。Source : Yota Devices



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「あんしんモード」アプリをアップデート、「歩きスマホ防止機能」を追加
Googleがサンタさんを追跡できる「サンタトラッカー」開始までのカウントダウンを開始、Androidアプリは12月中旬にリリース予定、今年はChromecastにも対応
「Google Playムービー」の公式Androidアプリがv3.0.24にアップデート、動画ダウンロード時に画質をSDまたはHDから選択可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP