ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25,800円ながらもペン入力機能やステレオスピーカー等を搭載したハイスペックタブレット「Tegra Note 7」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

‟NVIDIA版Nexus 7”と称される「Tegra Note 7」が国内で本日発売開始になりました。Tegra Noe 7は、NVIDIAが設計・製造を行ったAndroidタブレットです。中国では今年10月、欧米では11月中旬より販売が行われており、ついに国内でも発売されました。国内では、Zotacブランドの製品として販売されています。Tegra Note 7は、7インチ1,280✗800ピクセルのLG製IPS液晶と1.8GHz駆動のTegra 4プロセッサをを搭載した小型タブレット。筆圧感知に対応したペン入力機能やフロントステレオスピーカー、サラウンドオーディオ機能などを搭載しているところが特徴。OSは標準に近いAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です(最大32GB)、カメラは背面に500万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS/GLONASS、Wi-Fi Directに対応。Micro HDMI出力端子(v1.4)も搭載しています。バッテリー容量は4,100mAhで、HD動画の再生で最大10時間は持つとされています。本体サイズは200mm x 120mm x 9.6mm、質量は320g。Tegra Note 7の国内価格は25,800円。国内向けにも純正アクセサリーがいくつか用意されており、既にスタンドにもなるカバーケース「Zotac Slide Cover for NVIDIA TEGRA NOTE 7」(3,980円)が販売されています。Source : ヨドバシドットコム



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia 2011モデルにAndroid 4.4(KitKat)を提供しようというプロジェクト「LegacyXperia Project」が始動
GoogleのAndy Rubin氏はAndroidの責任者を退いた後、リアルなAndroid 人型ロボットの開発に専念
Galaxy S 5と思われる「SM-G900S」がGFX Benchmarkサイトに登場、2.5GHz駆動のSnapdragon 800と2,560×1,440ディスプレイを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP