ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「AQUOS PHONE SERIE SHL21」、「AQUOS PAD SHT21」のソフトウェアアップデートを開始、ロック画面からカメラが起動しない問題などに対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは12月4日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL21」とAndroidタブレット「AQUOS PAD SHT21」のソフトウェアアップデートの提供を開始しました。2機種とも、今回のアップデートは不具合の改善が主な内容です。SHL21のアップデートでは、稀に再起動が発生する問題と、ロック画面をなす「ウェルカムシート」からカメラが起動しない問題が改善されます。アップデートにかかる時間は6~7分で、アップデート後のソフトウェアビルドは「01.01.03」です。SHT21のアップデートでは、SHL21と同じようにウェルカムシートからカメラが起動しない問題が改善されます。アップデートにかかる時間は6~7分で、アップデート後のソフトウェアビルドは「01.01.02」です。Source : KDDI(SHL21)(SHT21



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia 2011モデルにAndroid 4.4(KitKat)を提供しようというプロジェクト「LegacyXperia Project」が始動
GoogleのAndy Rubin氏はAndroidの責任者を退いた後、リアルなAndroid 人型ロボットの開発に専念
Galaxy S 5と思われる「SM-G900S」がGFX Benchmarkサイトに登場、2.5GHz駆動のSnapdragon 800と2,560×1,440ディスプレイを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP