体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歌あり踊りあり“百花繚乱”咲き乱れ!大盛況の『ニコニコ動画(9)全国ツアー in 広島』に行ってきた

ニコニコ大会議in広島

昨年11月から各地方での公演を行うごとに盛り上がってきた『ニコニコ動画』の全国ツアー『ニコニコツアー』もいよいよ大詰め。応募者多数のため、なかなか参加が難しい本イベント。今回は取材の機会に恵まれ2月6日に行われた『ニコニコ動画(9)全国ツアー in 広島』の現場に行ってみたゾ! 会場となった「広島CLUB QUATTRO(クラブクアトロ)」には多くのユーザーが訪れ超満員の大盛況。一番乗りのユーザーは朝の10時(クアトロが入っているパルコ本館の開館時間)から並んでいたそうだ。そんな熱気に包まれた『ニコニコ動画(9)全国ツアー in 広島』の様子をご紹介。

もみじ饅頭を配るメガネさん

今回の司会進行は、夏野剛さん、メガネさん、ひろゆきの3名。メガネさん参戦に会場では謎のメガネコールが巻き起こる。気をよくしたメガネさんは続く恒例のご当地企画「名物紹介のコーナー」で広島名物の『もみじ饅頭』を会場へ振る舞うサービスぶり。これに夏野さん、ひろゆきの両名も加わり次々と饅頭を配布してしまい、結果景気よく振る舞いすぎて自分達が食べる分まで投げてしまう。饅頭の配布に会場は盛り上がるが、次に「広島焼き」が紹介されると場内は一変。ブーイングが発生しまう。というのも広島県人にとって「広島焼き」こそが真の「お好み焼き」であり、それを「広島焼き」と呼ばれることには異論があるようだ。広島という、郷土愛・お好み焼き愛にあふれる土地ならではエピソードであった。

新機能テストに失敗したら土下座という話も。

そんなやりとりの後に、これまた恒例である「新機能紹介」のコーナーが開始。今回の新機能は『ニコニコ電話』。これは『ニコニコ生放送』の放送主と視聴者が電話を媒体に、より一層のコミュニケーションが計れる機能。簡単に言えば『ニコ生モバイル』を利用することで『ニコニコ生放送』の放送主にユーザーが直接電話をかけることが出来るというサービスだ。今回は、抽選で選ばれたユーザー(赤字さん、郁◆いくさん、tubasaさん)と、広島会場とを電話でつなげるデモンストレーションを披露。当初は「ドワンゴ内でも失敗予想組が多数」(ひろゆき談)との話であったが、通話は全て大成功。ただし実際に通話をした結果、夏野さんから現在設定されている通話可能時間の30秒では短いとの感想も。将来的にはもう少しだけ通話時間が延びるかもしれない。

zoziさん

次はお待ちかねのユーザーゲストのコーナー。最初に登場したユーザーゲストは、CGで精細な厳島神社を構築し話題となった「厳島神社の人」ことzozi(ぞじ)さん。今回の作品は、精細に描かれた厳島神社のCG内に百花繚乱さんを合成。ナビゲーターとして厳島神社を紹介するという内容であった。

百花繚乱さん

そして二人目のゲストは、厳島神社の動画でも登場した百花繚乱さん。パッと見は女の子のような容姿と声、しかしその実態は恐るべきネタ職人として『ニコニコ生放送』でも大人気の生主さんだ。繚乱さんはステージに登場すると軽いトークと、本ツアーで販売されているカード『弾幕』を使ったカードマジックも披露。プロ顔負けのマジックと、また声色を使い分け、初対面の夏野さんをドン引きさせる高いパフォーマンスで会場を湧かしていた。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。