ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、海外ローミング時のパケ死を防止する新サービス「海外パケット停止安心サービス」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは12月2日、海外ローミング中にパケット通信の通信量が5,000円分に達すると通信を停止してパケ死を防止する新サービス「海外パケット停止安心サービス」を開始しました。海外ローミング中に従量制課金のままでパケット通信を行うと、すぐに利用料が数万円にまで跳ね上がってしまい、帰国したら驚愕の利用料が請求されたことをニュースでよく目にしますが、新に始まった「海外パケット停止安心サービス」はそのような事態にならないよう、5,000円分のパケット通信を行うと一旦パケット通信自体を停止し、ユーザーにSMSで通知します。ユーザーは自ら申込むことでパケット通信を再開することでき、再開すると5.000円分のパケット通信を行うことができます。「海外パケット停止安心サービス」には「海外1dayパケ」や「海外パケ・ホーダイ」などの海外定額サービス料は含まれません。また、通話やテレビ電話、SMSはサービス対象外になっています。「海外パケット停止安心サービス」を利用するには申込が必要です。ドコモインフォメーションセンター(151)、my docomoサイト、ドコモショップが申込窓口になっています。海外では海外定額サービスを利用する予定の方でも、念のためにこのサービスに申込んでおけばまさかのパケ死を防止できると思います。Source :NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Hamee、ディズニーキャラクターが耳から飛び出しているように見えるユニークなデザインのイヤホン「ディズニーキャラクター/クレイジーイヤホン」を発売
Glass版Google Playミュージックアプリが提供開始、$85のステレオイヤホンも発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年11月)、KitKatは初登場1.1%のシェアを獲得、それでもJelly Beanは54.5%にシェアを伸ばす

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP