ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

足元をエアコンで効率的に暖めるには?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

風向は、できるだけ下向きに。高いところのエアコンは「強」に設定

本格的な冬がやって来ると「エアコンだけでは足元が寒い」と感じて、ファンヒーターを併用することが多いでしょう。しかし、燃焼系暖房器具であるため、使用には換気が欠かせません。窓の開閉だけでも辛い時期、できれば室内空気の循環によって暖かくすることができるエアコンだけで乗り越えたいものです。そこで、足元をエアコンで効率的に暖める工夫を紹介します。

まず、エアコンの吹出口の風向は、できるだけ下向きにしておきましょう。暖かい空気は上昇してしまいます。したがって、足元に暖かい空気を送り続けることで、下の方に行き渡らせるようにするのです。また、設置場所の高さによっては風量を調節しましょう。高いところにエアコンがあれば「強」に設定。そうすることで足元まで暖かい空気を到達させることができれば、快適性は高まります。最近の機種では、人感センサーによって自動調整してくれるものもあります。風向と風量によって、エアコンからの気流を足元へ送り込むよう上手に操作しましょう。

足元まで暖まる適切な室内温度をエアコンに感知させる

次に、エアコンに適切な室内温度を感知させることです。室内温度を感知するセンサーは、室内機のフィルターがある吸込部分に取り付けられている場合がほとんどですので、吸い込む空気の温度によって設定温度が保たれるように機能します。足元がまだ寒くても、天井に近い室内上層の空気が暖かければ、設定温度に到達したものと判断してしまい、エアコンは暖房運転を止めてしまいます。これではムダな運転状態にあると言わざるをえません。例えば、温度計などをおいて、足元から天井までの室内温度の分布についても意識しておくと良いでしょう。

加湿器の併用で体感温度が約1℃アップ!

最後に、加湿器の併用をオススメします。エアコンをしていても温度が低いと感じる場合、体感温度を上げる方法のひとつとして加湿器が有効なのです。湿度が20%上がると、体感温度が約1℃上がると言われています。また、冬の空気は乾燥しがちですので、肌荒れや髪のパサツキの原因になったり、ウイルスが活発になり風をひきやすくなったりするなどの悪影響が心配されますが、それらにも効果を発揮。一石二鳥の働きをする加湿器は、エアコンの素敵な相棒となってくれることは間違いないでしょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP