ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon、国内版「Kindle Fire HD(新型)」と「Kindle Fire HDXシリーズ」にFire OS 3.1の配信を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amazon.co.jpがKindle Fireタブレット向けに新バージョンのファームウェア「Fire OS 3.1」の配信開始を発表しました。Fire OS 3.1は、新Kindle Fire HD、Kindle Fire HDX、Kindle Fire HDX 8.9の3機種に対して本日より配信されています。Amazonは今回のアップデートと同時に、同社の公式サイトでアップデート用のサポートページをオープンし、各機種用の更新ファイルを公開しています。これまでは自動アップデートでしかアップデートを実施できませんでしたが、本日より更新ファイルをダウンロードして手動でアップデートすることもできます。Amazonサポートサイトhttp://www.amazon.co.jp/kindlesoftwareupdatesFire OS 3.1はの新機能クラウドコレクションの作成と他の端末との同期に対応インスタントクラウド保存機能をサポート:未使用のコンテンツを1つにまとめて、タップするだけでクラウドに移動させることができる時計アプリを追加:アラームの設定やタイムゾーンの変更が可能に辞書と翻訳機能のポップアップ表示機能を追加:単語を辞書やWikipediaで素早く調べたり、翻訳することができる企業利用のための機能強化:VPNやKerberos認証をサポート、SCEP (Simple Certificate Exchange Protocol)クライアント機能を実装など。ワイヤレス印刷機能を追加Source : PRTIMES(プレスリリース)



(juggly.cn)記事関連リンク
これからはタッチパネルで指紋認証を行う時代、Fingerprint CardsがAndroid向け指紋認証タッチセンサー「FPC1020」を開発
Galaxy Gear用のカスタムリカバリ「TWRP」が公開、ROMノバックアップ/リストア、非公式ZIPファイルのインストールが可能に
日本のGoogle Playストアで「秋のゲームセール」「書籍期間限定価格」キャンペーンが実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP