ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

64bit版Androidを搭載したIntel Bay Trail搭載タブレットが来年中にリリースされる見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IntelのCEOを務めるBrian Krzanich氏が先週木曜に米国で開催された同社の投資家向け説明会で、64bit対応のAtom SoC‟Bay Trail”とAndroid OSを開発していることを明らかにしたそうです。米国のWEBサイト PC Worldが報じています。報道によると、Krzanich氏は64bit対応のBay Trailに初実装する予定でAndroid OSの64bit対応版の開発を進めており、2014年中にリリースする予定であることを明らかにしたそうです。リリース時期については、Windwos 8.1の64bit版を搭載したBay Trailタブレットが2014年Q1に発売される予定で、Androidはその発売の後とされています。リリース時期から考えると、Androidの64bit対応化はAndroidのメジャーアップデート版のリリースと同時ではなく、既存のAndroidを64bitに対応させたという形になると予想されます。Intelは今年9月に米国で開催されたIDF 2013で、同社のAndroidにおける今後の取り組みとしてAndroidの64bit対応化を挙げていました。今回のKrzanich氏の発言と照らし合わせると、Intelは64bit対応のx86プロセッサ用にAndroidのLinuxカーネルを独自に最適化していることになると思います。Source : PC Wolrd



(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイル、日本向けは10個しか製造されないAndroidロボット型キットカットを抽選でプレゼントするFacebookキャンペーンを実施
NTTドコモ、「SH-01F DRAGON QUEST」と「ARROWS Tab F-02F」の価格と月々サポート適用金額を発表
Amazon.co.jpが今月中にテレビ番組と映画のオンデマンド配信サービスを開始するとの報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP