体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京モーターショー2013】フォルクスワーゲンブースはQRコードに注目! モバイル動画を見てプレゼントがもらえるキーワード探しにチャレンジ

【東京モーターショー2013】フォルクスワーゲンブースはQRコードに注目! モバイル動画を見てプレゼントがもらえるキーワード探しにチャレンジ

11月23日から一般公開がスタートした『東京モーターショー2013』。フォルクスワーゲンブースでは、スマートフォンと連動したユニークな展示『“Find your e-motion”Tour』を展開中。スマートフォン片手に、フォルクスワーゲンのクルマについて学びながら宝探し感覚で展示を楽しめます。筆者も早速挑戦してきたので、レポートをお届けします。

フォルクスワーゲンブース

フォルクスワーゲンブースでは、世界初出展のハイブリッドカー『twin up!』、0.9リットルの燃料で100キロを走行可能な『XL1』など17台の車両を展示中。会場にあるQRコードを読み取って『“Find your e-motion”Tour』に参加すると、動画により展示車両への理解を深めながら、よりブース展示を楽しむことができます。動画の一部には「キーワード」や「キーワードへのヒント」が隠されていて、キーワードを集めることでプレゼントがもらえるチャンスも。

『cross up!』

それぞれのクルマに設置され、仕様などを確認できるスペックスタンドの中から、QRコードが記載されたものを探します。まずは『cross up!』のスペックスタンドを見てみることに。

QRコードを読み取り

スマートフォンで画面右下にあるQRコードを読み取ると……。

会場限定の動画を再生

会場限定の動画が再生できるページをブラウザで開けます。

ヒントが表示された

コンパニオンのお姉さんが『cross up!』の特徴を解説してくれる動画を見終わると、次のようなヒントが表示されました。

「応募キーワードを手に入れるには……
Volkswagen初となる電気自動車の本格市販モデルをチェック」

なるほど、次は電気自動車を探せばよいのかな。この会場の中で電気自動車は……。

『twin up!』

あった! 『twin up!』だ! コンパニオンのお姉さんも立ってるし! ……と思ったら、こちらのスペックスタンドにはQRコードが表示されていませんでした。

『e-up!』

「Volkswagen初となる電気自動車の市販モデル」は『e-up!』でしたね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。