ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂がAndroidベースのタブレットを開発しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

未だAndroid市場に参入していない任天堂がAndroidベースのタブレット端末を開発しているという噂が伝えられています。情報源は、任天堂米国法人のソフトウェアエンジニアを名乗るNando Monterazo氏です。彼は11月18日に自身のTwitterページに任天堂がテスト中のAndroidタブレットに関する様々な情報を投稿していました。現在タブレットに関する彼のツイートは全て削除されていますが、Nintendo Everythingで全てのツイートが見られます。ツイート内容を整理すると、任天堂はAndroidをフルカスタムしたファームウェアをタブレット端末に導入してテストしている任天堂がテストしているAndroidタブレットは主に学校向けの製品NESやスーパーファミコン、ゲームボーイなどのゲームエミュレータは無い教育用ゲームアプリにはマリオやルイージといった任天堂のキャラクターが登場する現在は単純に子供向け教育ゲームの通信環境をテストしているだけに過ぎない現在はAndroidでテストしているが、内心はC/C++で作成されたUnix OSを利用したいと考えている任天堂のAndroidタブレットを耳にすると、任天堂ゲームのAndroid版が利用できて、それらを操作するのに適したゲーマー仕様の製品を予想しますが、ツイートの内容によると、予想とはまったく違うものであると言えます。VentureBeatは任天堂に対してこの件に関するコメントを求めたそうなのですが、任天堂は‟噂や憶測にはコメントしない”とコメントすることを拒否したそうです。Source : Nintendo EverythingVentureBeat



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note 3購入者に$50のGoogle Playクレジットをプレゼントキャンペーンを米国で実施
Google、ニュース・ブログ・新聞・雑誌の購読サービス「Google Playニューススタンド」を提供開始
NTTドコモ、「Galaxy Note II SC-02E」のソフトウェアアップデートを開始、不在着信数の表示問題やGmailの強制終了問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP