ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾 BungBungameが夢のスーパーフォン「Project S」作成のためにIndieGoGoで500万ドルの資金調達を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾企業の戲智科技(BungBungame)が、みんなが望むものをすべて備えた夢のスマートフォン「Project S」を作成するためにクラウドファンディングサイト IndieGoGoで資金調達を開始しました。「Project S」は、5.8インチ2,560 x 1,440ピクセル(WQHD)のディスプレイ、真の8コアプロセッサ、3GBのRAM、1,600万画素カメラ、赤外線センサーによるタッチレス操作機能「Magic Wave」などを搭載するほか、4G LTEやQi準拠のワイヤレス充電、NFC(Type-A/B、FeliCa)、Miracastなどに対応。筐体はフラットデザインを採用し、前後に強化ガラスパネルを備え、IP58の防水・防塵に対応します。同社は「Project S」の開発やテスト、製造、パッケージングのためにIndieGoGoで500万ドル(約5億円)を目標に資金調達を行っています。$299~の寄付で「Project S」が提供されることになっており、現時点のスケジュールでは2014年11月に出荷される見込みです。上記のスペックはおそらく来年のハイエンドモデルの主流となるレベルで、それが$299というのは安いと言えます。Source : IndieGoGo



(juggly.cn)記事関連リンク
世界初の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」のスペックシートが流出、3GB RAMやF1.8レンズを搭載、ハイレゾオーディオやUSB 3.0に対応
Sony Mobile、NTTドコモ向けXperia Z / Z1 / Aに新バージョンの「アルバム」「Walkman」「ムービー」「Video Unlimited」を配信開始
KDDI、「HTC J ISW13HT」に対してソフトウェアアップデートを配信開始、おサイフケータイの不具合に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP