ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Wikipedia』最長ページは日本のゲーム登場人物一覧だった! うんざりするほど長い!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世の中のありとあらゆる事物を網羅するインターネット上の百科事典『Wikipedia』で、もっとも記述が長いページは何なのか? 衝撃の事実が判明した。

この疑問を調べたHistory is a story.(@laurusesq)さんのツイートによると、3位はドイツ語版の「ドイツ工業規格の一覧」で、2位はフランス語版「カペー朝の全系図」、そして1位はなんと日本語版「イナズマイレブンの登場人物」だったというのだ。

Wikipediaのメインページから「ツール」→「特別ページ」→「長いページ」と進むと、容量が大きいページのランキングを見ることができる。確かに「イナズマイレブンの登場人物」が838884バイトで1位になっている。実際に読んでみると、「日本語は1文字3バイトだから」などという訳知り顔の指摘も無用なほど、とにかく圧倒的に長い!

『イナズマイレブン』はレベルファイブが制作したゲームで、テレビアニメや映画化もされている人気コンテンツ。登場人物には美少年が多く、特に女性人気が高い。また、普通なら「雑魚A」で済まされてしまいそうなサブキャラクターにも“立っている”キャラが多く、過去に公式サイトで行われたキャラクター人気投票では『五条勝』なるサブキャラが1位になってしまう珍事も発生した(2ちゃんねらの組織投票のせいだけど)。

Wikipediaは誰もが無料で自由に編集できる。一般的に、難解で詳細な説明が必要な事象、長い歴史を持つ事象のページは必然的に記述が長くなるが、少数の熱心な研究者・ファンを抱える事象についても記述が長大になる傾向が見られる。恐らくこの「イナズマイレブンの登場人物」も、少数の熱烈なファンがこまめに更新した結果、このような長大なページになってしまったのだろう。

しかし、日本語版は3位が「‎アンパンマンの登場人物一覧」、9位が「デッドオアアライブ」、10位が「モンスターハンターのモンスター一覧」だったりして、「百科事典」というよりも「サブカル辞典」と呼んだほうがしっくりくるランキングになっているあたりが、なんとも日本らしいというか……。

画像:Wikipedia「長いページ」より引用
ソース:History is a story.(@laurusesq)さんのツイート[リンク]
https://twitter.com/laurusesq/status/399528193729630208

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP