ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まもなく開幕の東京モーターショーでお披露目されるコンセプトカー『FV2』を一足先に体験できるアプリ『TOYOTA FV2 -コンセプトカー・ドライブ&レーシング-』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


11月22日からいよいよ開幕する『第43回東京モーターショー2013』。自動車メーカー各社による新製品や最新鋭の技術を搭載したコンセプトカーの出展が今から楽しみですが、トヨタはハンドルを使わずに体重移動で運転する1人乗りのコンセプトカー『TOYOTA FV2』(以下『FV2』)の出展を予定。この『FV2』をいち早く体験できるiOS/Androidアプリが公開されています。


『TOYOTA FV2 -コンセプトカー・ドライブ&レーシング-』は、iOS/Android向けに無料で配信中のスマートフォンアプリ。「自動車運転技術が普及した世界でも“Fun to Drive”が感じられる、未来の“愛車”を具現化したコンセプトカー」という『FV2』をアプリ上で運転し、その特徴を体験することができます。

全20コースが用意された「STAGES」モードでドライビングゲームが楽しめます。ハンドルがなく体重移動で運転する『FV2』の特徴どおり、スマートフォン本体を前後左右に傾けてハンドルやアクセル、ブレーキの操作が可能。ゲームには一定の条件を満たすと解除される実績のような「ミッション」があり、ミッションをクリアしていくと“イルミネーション”を入手できるようになります。


この“イルミネーション”は、『FV2』のボディに搭載したディスプレーでさまざまな表現ができることにちなんだもの。“イルミネーション”を集めることでアプリ内の『FV2』を成長させ、より速く、走りやすいクルマにカスタマイズしていけるようになります。

『東京モーターショー2013』期間中には、オンラインレースモード「CHAMPIONSHIP」が開放されます。ここでは、モーターショー会場の『FV2』インタラクティブ・エキシビションと連動して、会場とオンラインの参加者が一緒に楽しめる内容になっている模様。会場に行く人も、行けない人も、今から練習して期間中のオンラインレースに挑戦してみては?

『TOYOTA FV2 -コンセプトカー・ドライブ&レーシング-』
http://fv2.jp/
※ダウンロードはこちらから

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP