ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、パイオニアと共同開発したドライバー向け新サービス「ドライブネットインフォ」を12月中旬に提供開始、新開発の車載キットも同時に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは11月14日、パイオニアと共同でスマートフォンを活用したドライバー向け新サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を開発し、2013年12月中旬より提供開始すると発表しました。ドライブネットインフォは、NTTドコモが以前より提供している「ドライブネット」の中のドライバー向け新サービスです。従来の「ドライブネット」は「ドライブネットナビ」に名称変更され、今回の新サービス追加で、ドライブネットは「ドライブネットナビ」と「ドライブネットインフォ」の2本立てとなります。ドライブネットインフォは、パイオニア新開発の次世代自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」と同社の「しゃべってコンシェル」技術や音声合成技術を組み合わせることで、「ドライブネットナビ」の渋滞情報や周辺情報に加えて、スマートフォン電話発信や音楽再生、SMSへの情報の送受信、ニュースの表示などをスマートフォンに話しかけるだけで実行できます。ドライブネットインフォの提供時期は12月中旬。利用料金は無料。対応機種は2013-2014冬春モデルスマートフォン。サービス開始と共にGoogle Playストアで専用アプリが公開されます。NTTドコモはドライブネットアプリのほか、新開発の車載キット「スマートフォンホルダ01」(4,830円)と各種センサーを内蔵した本格カーナビ化ユニット「カーナビ用センサーユニット01」(8,295円)も12月中旬に発売します。Source : NTTドコモドライブネット公式ページ



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「ARROWS A 101F」のAndroid 4.1アップデートを開始
11月19日に発表される「Nubia Z5S」のプレス画像が流出
Nexus 7(2012)とNexus 10はAndroid 4.4(KitKat)にアップデートしても新ランタイム「ART」を選択できない

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP