ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2.5GHz駆動のMSM8974ACを搭載したCyanogenMod搭載スマートフォンが開発されているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AndroidベースのカスタムROM「CyanogenMod」の開発を手掛けるCyanogenのSteve Kondik氏が、とある端末メーカーと「MSM8974AC」というQualcommの新プロセッサを搭載したCyanogenMod搭載デバイスを開発していることを明らかにしたそうです。海外サイトのGSM Arenaが伝えています。Cyanogenが開発を進めている端末と同社と提携した端末メーカーは今のところ不明ですが、同サイトによると、Qualcommの新プロセッサ「MSM8974AC」はSnapdragon 800ファミリーの一つで、CPUの最大動作chクロックが2.5GHzと、既存の「MSM8974」「MSM8974AB」よりも高めに設定されているそうです。「MSM8974AB」の高速版かもしれません。Cyanogenは最近、中国の端末メーカー OPPOと共同でCyanogenModを標準搭載したAndroidスマートフォン「OPPO N1 CyanogenMod Edition」を開発しました。この機種にはSnapdragon 600が搭載されているので、別の機種だと考えられます。Source : GSM Arena



(juggly.cn)記事関連リンク
SNKプレイモア、2D対戦格闘ゲーム「The King of Fighters ’97」のAndroid版をリリース
JollaのSailfish OSを搭載した初のスマートフォンがフィンランドで11月27日に発売
JAWBONE、リストバンド型活動量計の新モデル「UP24」を発表、Bluetooth v4.0/LEに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP