ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、『おまかせiAモード』搭載のコンパクトデジタルカメラ『LUMIX DMC-FS10』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
0242033_01

パナソニックは、『おまかせiA(インテリジェントオート)モード』を搭載したコンパクトデジタルカメラ『LUMIX DMC-FS10』を2月19日に発売します。有効画素数1210万画素、2.7型液晶を搭載し、かんたんにキレイに撮れるスタンダードモデルです。

『LUMIX DMC-FS10』は、1210万画素CCDを採用し、カメラが被写体の顔の産む、距離などのさまざまな情報から撮影状況に合ったシーンを7種類のモードから自動で判別・設定する『おまかせiAモード』を搭載しています。光学式手ブレ補正・高感度・動き認識による“トリプルブレ補正”で手ブレを抑えます。

広角28mm(35mm換算)から光学5倍ズームでさまざまな撮影シーンに対応。また、フラッシュを使用する暗い場所での人物撮影などで起きやすい「赤目現象」を自動検知し、撮影と同時にデジタル補正する『デジタル赤目補正』機能も搭載しています。夜景と人物の組み合わせ、風景撮影、そしてピントの合いにくい近距離でのマクロ撮影など、被写体に合わせて操作しなくても、1種類のモードで撮影が可能。高機能かつ簡単操作を実現しました。

サイズはW98.4×H55.2×D23.4mm、重さ約145g(バッテリー、SDカード含む)、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
一眼レフをイメージした超小型ボディのデジタルカメラ『PENTAX Optio I-10』発売へ
オリンパス、光学7倍ワイドズーム搭載の『μ-7040』などコンパクトデジタルカメラ3機種を発売へ
暗い室内や夜景もキレイ、手ブレ補正効果を向上した『LUMIX DMC-FX60』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。