体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

今回は『通販新聞』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/453717をごらんください。

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/011.jpg

楽天が運営する「楽天市場」出店店舗を対象にした「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー(SOY)2012」で「ジャンル賞」を受賞した店舗の中に、不当な二重価格表示を行っている疑いのある店舗が一定数あることが本紙調査で分かった。特に、自社商品を扱う食品ジャンルとアパレルジャンルでこうした表示が目立った。楽天市場の「顔」とも言うべき店舗だけに、店舗のモラルとともに、表彰している側の楽天の管理体制も問われそうだ。(画像は楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーの会場の様子=2010年当時)

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

画像(1)
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/012.jpg

SOYは、売り上げやユーザーの人気投票などを元に選ばれた店舗を表彰するもので、楽天では年に1回開催。2012年の同イベントでは、「総合の部」で1位から10までの店舗を選出。さらに、「ジャンル賞」として34ジャンルからそれぞれ3店舗を選出し、表彰した(「総合の部」で選ばれた店舗も含まれる)。

通販新聞では、7月31日から9月13日までの期間、「ジャンル賞」を受賞した101店舗(1店舗は退店済)の商品価格を定期的に調査した。

食品を扱うA店では、「10人前のうどんセット」を「通常価格2530円のところ価格1000円」として販売(画像(1))。同じページの宣伝用画像では「60%オフ」と記載していた。ところが、調査期間中にこの商品が2530円で販売されていたことはなかった。また、先月行われたイーグルスの優勝セール時には「80%オフの500円」と宣伝し販売(画像(2))。

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

画像(2)
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/02.jpg

楽天によるセール商品紹介ページにも「77%オフ商品」として掲載されていた(画像(3))。さらには、他の商品でも同様の二重価格表示を行っている。

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数、「食品」「アパレル」で目立つ

画像(3)
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/03.jpg

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。