ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長井秀和の学会漫談

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はhiko1985さんのブログ『青春ゾンビ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/453595をごらんください。

長井秀和の学会漫談

長井秀和を覚えているだろうか?2000年代前半に「間違いないっ!」で一世を風靡した爆笑問題のタイタン所属のピン芸人だ。初期のオンバト戦士もしくは『エンタの神様』芸人という括りでいいだろうか。

タイタンの事務所ライブにて現在の長井秀和の漫談を体験してきた。噂には聞いていたが、なかなかの切れ味である。テンションやテンポは全盛期の見る陰もない。お馴染のスーツ姿ではなく普通のおじさんのような格好だ。しかし、世間への切り込み方、向ける視線のその複雑な立ち位置は見る者は圧倒するだろう。

「やっとかないと後で『あいつやらなかったぞ』となるのでね」といきなり「間違いないっ!」を脈絡なくテンション低く披露。「まだ生きていたのかと思うお客さんもいるかもしれないんですけど」と自虐から始まり、「金、女、ときて」と自身のフィリピンでの少女淫行事件やカナタ人タレントとの不倫事件を匂わせ、「後は暴力があれば、あの引退した人と同じなんですけどね。あ、紳助さんの事ですよ」「気に入らなければ、男も女も関係なく同じ力で殴る。かっこいいですね」と島田紳助をいじり始める。続いてみのもんたをいじった後、「こんな事言ってるとテレビには出られないんです。こんなタレントを抱えていると事務所も大変ですよ」と言ってからが、ギアチェンジ。

「みなさん知っての通り、僕は宗教系の人間なんですが」「いや、学会ではねぇ」と始まり、会場がザワザワし始める。初めて聞くお客さんも多いのだろう。「いや、普通に(学会って)言っちゃいますよ」と創価学会漫談の始まりだ。長井秀和は、父親は公明党議員、自身も小学校から大学まで創価学会系列の筋金入りの学会員なのだ。まずは、後輩に相談をされた時の話。「んーそうだねぇ」とタメを作るだけで「あれ、長井さんそっち系の話始めるのか」と相手の警戒レベルが2に上がる、「活躍を祈ってるよ」なんて言うともう警戒レベルは一気に4ですよ。なんて感じ。いやはや、これはとても練られた秀逸な自虐学会ネタではないだろうか。笑わせてもらった。「学会員は囲い込みが凄いですよ。脱走した猪とかは学会員に掴まえさせればいい」「生活保護受けてる酒臭いオヤジばっかりだ」「徳が上がって目がキラキラしているんじゃなくて、シンナーで目が飛んじゃってるだけ」「パチンコ屋経営しているやつも多い」と過激さをどんどん上げていき、最後は、「少し先の事になるのですが」と置き、「次の選挙は公明党に一票お願い致します」と告知ライクに締める構成力。素晴らしい。会場は失笑と苦笑の嵐でしたが、これは凄い。信仰の愛憎の捻じれ、そして、俯瞰の視線。外から見て自分達がどう見えるのか、というのを、更にユーモアで捻じ曲げて披露する。なんとも複雑で面白い。長井秀和は誰も歩んでいない道を切り開いている。

ちなみに余談だが、長井秀和と言えば、爆笑問題と共にYMOの『増殖』をパロってスネークマンショーに挑んだ『増長』というアルバムをリリースしている。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/33.jpg

今になってとても聞いてみたい。現在、廃盤だそうだが、昔は中野の中古屋でよく見かけたものだ。買っておけばよかったな

執筆: この記事はhiko1985さんのブログ『青春ゾンビ』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年11月13日時点のものです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP