ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)のイースターエッグにキーライムパイが登場、やはり当初は「Key Lime Pie」だった?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)の当初のコードネームだった「Key Lime Pie」がKitKatのイースターエッグで確認されました。「Key Lime Pie」はAndroid 4.1~Android 4.3の「Jelly Bean」の次のバージョンに使用されるコードネームとして有力視されていました(それを仄めかす情報も多々出ていたので)。しかし、9月になってGoogleがJelly Beanの次のバージョンに「KitKat」を採用することを発表。米国のお菓子キーライムパイはコードネームの座をスイス発のキットカットに奪われてしまいました。てっきりKey Lime Pieになると見られていたので、あの発表は衝撃的なものでしたね。ただ、当初のコードネームは「Key Lime Pie」としていたからなのでしょうか、イースターエッグにはひっそりとキーライムパイが登場しています。確認するには、「端末情報」→「Androidバージョン」を連続でタップし、「K」の文字が表示されるので、何度かタップします。すると、キットカットデザインロゴでさらにタップすると無数のパネルが表示されます。その中で確認できます。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4(KitKat)のクイックスタートガイドが日本のGoogle Playストアからでもダウンロード可能に
米Verizonが自社ブランドのLTE対応7インチタブレット「Verizon Ellipsis 7」を発売
Snapdragon 800ファミリーの「MSM8974」と「MSM8974AB」の違いは?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP