ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LUNA SEA、13年ぶりオリジナル・アルバム『A WILL』発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

LUNA SEAが、約13年ぶりのオリジナル・アルバム『A WILL』を12月11日にリリースすることがあきらかとなった。

2012年10月にユニバーサルミュージックへと移籍し、同時に2000年リリースの『LUNACY』以来となるニュー・アルバムの制作を発表していた彼ら。その宣言通り届けられる今回の新作には、シングルとして好評を博した“The End of the Dream”“Rouge”“Thoughts”や、11月13日にリリースされる新曲“乱”を含む全11曲が収められる。RYUICHI(ヴォーカル)、SUGIZO(ギター)、INORAN(ギター)、J(ベース)、真矢(ドラムス)という5人の才能が13年という長い時間を経て、どのような作品を作り上げたのか楽しみなところだ。

アルバムは、SHM-CD仕様でBlu-ray付きの初回限定盤A、DVDを同梱した初回限定盤B、CDのみの通常盤の3タイプが登場。Blu-rayとDVDは同じ内容で、“The End of the Dream”“Rouge”“Thoughts”“乱”のPVと各シングルのTVスポットが収録される。トラックリストは以下の通り。

 

〈LUNA SEA 『A WILL』収録内容〉
【CD/SHM-CD】
1. Anthem of Light
2. Rouge
3. The End of the Dream
4. MARIA
5. Glowing
6. 乱
7. absorb
8. Metamorphosis
9. 銀ノ月
10. Thoughts
11. Grace

【DVD/Blu-ray】 ※初回限定盤A、初回限定盤Bのみ
・The End of the Dream -Music Video-
・Rouge -Music Video-
・Thoughts -Music Video-
・乱 -Music Video
・The End of the Dream & Rouge -TV SPOT-
・Thoughts -TV SPOT-
・乱 -TV SPOT-

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP