ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小米科技、Snapdragon 800を搭載した「Xiaomi Mi3 WCDMA版」を12月中旬に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 小米科技(Xiaomi)の最新フラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi3」のWCDMA版が12月中旬に発売されることが同社の公式Weiboアカウントを通じて発表されました。発売日は明らかにされていませんが・・・。小米科技はXiaomi Mi3で、Tegra 4版とSnapdragon 800版の2モデル開発しており、Tegra 4版を中国移動のTD-SCDMA対応モデルとして10月15日に中国で発売しました。今回発売されるのはSnapdragon 800版です。このモデルはGSM/WCDMA方式に対応しており、中国聯通のネットワーク内で使用することができます。小米科技の投稿によると、Snapdragon 800版はAndroid 4.3(Jelly Bean)ベースのMIUI V5を搭載しており、さらに、無線LANではドラフトIEEE802.11acにも対応しているそうです。既に発売中のTegra 4版はAndroid 4.2.1(Jelly Bean)ベースのMIUI V5を搭載し、無線LANではIEEE802.11a/b/g/nに対応しています。Xiaomi Mi3は、5インチ1,920✗1,080ピクセル(441ppi)のIPS液晶、2GB RAM(LPDDR3)、16GBストレージ(eMMC 4.5)、3,050mAhバッテリーを搭載し、2Aの急速充電にも対応しています。カメラは背面に1,300万画素のExmor RS(F2.2 28mmレンズ、デュアルLEDフラッシュ、動画は最大1080p)と前面に200万画素のExmor R(F2.2 32mmレンズ、動画は最大1080p)を搭載。その他、USB-OTG機能、Immersionのハプティック(触覚)フィードバック機能なども搭載しています。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5はブラックバージョンとホワイトバージョンで側面の仕上げ方も違う
Xperia Z1のカメラプラグイン「Social Live」が1.0.14にアップデート
ワンタッチ着脱式コンバージョンレンズ 「Photojojo」はNexus 5でも使用できるみたい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP